若い時の恋愛を長続きさせると得られるメリット・4つ


年を重ねるほど、時間が経つのが早くなると言いますが、若い頃の出会いや経験、付き合いは大人になってからよりも、ずっと貴重なものです。そんな貴重な出会いを大切にして継続させていくことは、思っていたよりもたくさんのメリットがあるようです。

そこで今日は、恋人と昔から長く付き合っているという方々に「恋愛を長続きさせることで得られるメリット」をインタビューしたのでご紹介したいと思います。

1.大切にしてもらえる

「僕は今は普通に働いていますが、昔、仕事を辞めて悩んでいた時がありました。彼女は、その時にをずっと支えてくれたので、大切にしなきゃって思ってます。
もちろん、日常でそんなことは伝えませんが、幸せにしてあげたいとは思っています。」(26歳/男性/イベント)

長年付き合っていると、マンネリや慣れによって大切にされなくなったと不満に感じる女性は多いです。
確かに、日常生活においては手を抜いてしまうという男性の声も多かったですが、いざという時には優先したい、守ってあげたいと思っている節があるようです。
いろんな時間を共に凄し、支えてくれた彼女だからこそ、大切にしたいと考えている男性は多いんですね。

2.相手を育てることができる

「以前、先輩に『男性は40歳までは女性の力で変えることができる』と言われたことがあります。その時、付き合っていた彼と別れるか迷っていたんですが、ちょっと育ててみようかなと思って別れませんでした。
そのおかげかわかりませんが、その時に嫌だった面はなくなって、人って変わるんだなと感じました。」(24歳/女性/美容)

相手の嫌な面を見つけた時、別れるか迷ったとしても、若い男性なら別れずに育てるのも一つの手。これは、相手が若いからこそできることのようです。
例えば、20歳から煙草を吸い始めた21歳の男性に「煙草辞めて欲しい!」とお願いするのと、同じく20歳から煙草を吸い始めた40歳の男性にお願いするのとではレベルが違いますよね。
嫌な面が見えた時でも、男性がまだ若ければ自分好みに育てることを考えてみては?そこから、一緒に成長していけるのも楽しみの一つですね。

3.自分の良き理解者になる

「彼女とは学生時代から付き合っているので、俺のことをよくわかってくれている存在です。疲れている時や、落ち込んでいる時に、俺からあまり話をしなくても、どうしたらイイのかわかってくれているのでラクだし、俺にとっては大切な存在です。」(27歳/男性/アパレル)

学生時代の成長過程や過去を知っている相手は、何も知らない相手と比べると、自分の気持ちや考え方を理解してくれやすいものです。
自分のことをわかってくれるとわざわざ、自分が説明したり、わからないことによるスレ違いも避ける事ができるので付き合っていてラクなようです。

4.思い出を共有できる

「同じ人と長く付き合うことのメリットは、二人で一緒にいろんなものを共有できるところです。私の友達は、いろんな人と付き合っているので、『あそこに旅行に行った相手は誰だっけ?』となることもあるそう。
せっかくの楽しい思い出なので、それを一緒に語り合える相手がいるのは嬉しいです。」(25歳/女性/エステ)

付き合いが長くなると二人の思い出がどんどん増えていきます。広く浅く男性と付き合ってきた場合は、過去の思い出を新しい彼と語ることはできません。
でも、一緒に思い出を作ってきた相手であれば、過去を振り返り思い出を楽しんだり、その思い出を元に、また楽しいプランを練ることもできます。

おわりに

長く付き合っていると、つい付き合い方が雑になってしまったり、相手への対応が雑になったりしてしまいがちですが、長く付き合ったからこそのメリットもたくさんあります。今、付き合っている彼がいる方は、もう一度、彼の大切さを見直してみてはいかがでしょう?

(栢原 陽子/ハウコレ)