絆深まる!?お疲れモードな彼がキュンとする「彼女のひとこと」・5選


疲れている恋人に対してどんな声をかけるべきか。これは、女性の存在の大きさをアピールする重要なシチュエーションです。
うまくいけば「俺のことを分かってくれる今の彼女は最高だ」であったり、人生のパートナーとして意識する、ということにもつながっていきます。今回は、男性がかけられて喜ぶ言葉を5つ紹介しましょう。

1.おつかれさま

「ありきたりと言われればそれまでですけど、言われるだけで随分気持ちが楽になりますよ。こっちの疲れを察してもらえているわけですし、それに対して評価してもらえてるんですから。疲れた甲斐があると言いますか。気持ちの支えにもなりますからね」(30代/会社員)

疲れている男性にかける言葉としてバツグンの威力がありますね。
ただ言うだけでもいいんです。仕事が終わったときに一言メールを送るだけでもいいんです。言うだけでも男性の気持ちが軽くなります。

2.いつもありがとう

「感謝を述べられるのは嬉しいですね。疲れてると気持ちも塞がり気味になりますから。こいつのために頑張ってるんだなって思えるし、明日もがんばろうって思えます。こういう言葉をかけられるかどうかが、長続きする秘訣だと思いますね」(20代/公務員)

感謝はだれでも嬉しいものです。もちろん恋人であればその喜びは大きな力となります。
そばにいてくれる大切な女性から感謝を述べられれば、おのずと力が沸き起こってくるはずです。

3.大丈夫?

「気にかけてもらえれば、いたわってくれてるんだなって感じがします。逆に、そこまで疲れてるのになにも声をかけてくれないようじゃ『こいつ俺のこと気にかけてくれてるのか?』って不信感も沸いてきますからね。こっちの状況を察してくれるのは大事ですよ」(20代/専門職)

相手が疲れていれば、体調を気にかけてあげるのは効果的です。
相手の疲れに気付くというのは、男性からすれば「俺のことちゃんと見てくれている」と感じられる出来事なので、心の距離の近さが感じられます。

4.忙しかったの?

「問いかけてもらえれば話ができますからね。不満や愚痴を自分からさらけ出すのは抵抗ありますけど、向こうが聞いてくれる姿勢を示してくれれば甘えたくなります。僕の話を聞いてくれるのは重要ですね。
支えてくれているんだなって実感できますし、話せば気持ちも楽になりますから」(30代/クリエイティブ系)

話を聞いてあげられる女性は強いです。友達でも、悩みを聞いてくれる人は大切な存在ではありませんか?
恋人であれば、その気持ちはすごく大きいです。話を聞いてあげられる女性にぜひなってください。

5.そばにいるよ

「グッときますよ。俺は一人じゃないんだって思えますから。なかなか言えないでしょ?つき合いはじめで言うだけならともかく、ある程度つき合ってるときにこういうこと言われたら『こいつなら俺といっしょにいてくれるんだな』って感じられます」(20代/会社員)

偽りなく、相手のそばにいられると伝えられれば、恋人は思わずウルッとくるはずです。
だって、男性に言われたらどんな気持ちになりますか?

おわりに

相手が少し弱っているときに、支えとなれる存在であることを相手に伝えれば、おたがいの関係はより深まるでしょう。
言葉にするだけで男性の気持ちが軽くなり、もっと好きになってくれるのであれば、言わないわけにはいきませんよ。

(大西 薫/ハウコレ)