まずは男研究!?男性慣れがモテを作る4つの理由


たいして努力をしなくてもモテる女性と、努力をしてもなかなかモテない女性がいます。モテるかどうかの差は、努力しているかどうかはあまり関係がない、もしくは努力の仕方が間違っているのかもしれません。つまり、逆に言えば努力よりも無意識にやっている部分のほうがモテに繋がっているということかもしれません。

そこで、女性に「自分がモテ始めたきっかけ」を聞いてみたところ、共通のキーワードはどうやら「男慣れ」のよう。その理由を更に詳しくお伝えします。

1.男性の生態を良く知っている

「高校時代、女子校に通っていたせいか、男性というものを全然わかっていなかったんです。だから、付き合うことになってもすぐに終わってしまう。
でも大学生になり男性と接する機会が多くなってくると、男性がどんな生き物なのかがわかるようになりました。男性を理解できると、うまく付き合えるようになって、告白されることも多くなりました。」(21歳/学生)

男性と多く接するようになると、男性の考え方や男性が喜ぶポイント、嫌がるポイントが見えてきます。そして、そんな男性の生態に対してどう振る舞うのが効果的なのかも自ずとつかめるようになるわけです。

人は無意識のうちに、人から好かれるように振る舞っているので、男性が好む振る舞いがわかるだけえも、間違った努力をすることもなくモテるようになるかも。

2.男性が自分に興味があるかがわかる

「昔の私は、自分に興味を持ってくれない男性ばかりを追っていた気がします。
ですが、自分のタイプに関わらず多くの男友達を作ることで、その男性が自分に興味があるかどうかをなんとなくですがわかるようになったんです。自分に興味を持ってくれる人と接するようになってモテるようになりました。」(25歳/秘書)

多くの男性と接していると、自分に対して良い印象を持ってくれている男性と、自分へ無関心な男性が見分けられるようになります。

自分へ無関心な男性であれば、努力をしてもあまり効率的ではありません。逆に、始めから自分のことを好意的に受け止めてくれている男性であれば、あまり努力をしなくても、距離を縮めることができます。
自分に興味を持ってくれている人で周りを固めれば、必然的にモテる女性になれるというわけです。

3.初対面から親しみやすくなる

「以前はあんまり男性と接することがなかったので、同じサークルの男子でも話をする時にはちょっと緊張していました。
でも、バイトでいろんな男性と接するうちに男性と話をするのに抵抗がなくなってきて、最近では、女子よりも男子の方が、早く仲良くなれるようになりました。」(22歳/学生)

女性に慣れていない男性にとっては、初めて女性に会う時には多少なりとも緊張してしまうものです。
だからこそ、男性に慣れている女性がリードして接してあげれば、初対面でもお互いに緊張することなく仲良くなることができます。

4.男性が喜ぶポイントを分かっている

「男性と接する機会が増えたことで、男性が求めていることがわかってきました。こういう時にはこういう言葉をかけたら喜んでくれるんだなとか、そんなレベルの小さいことですが。
男性を喜ばせられる女性はモテると思いますし、それができるかはやっぱり経験な気がします。」(26歳/受付)

男性慣れしている女性は、男性が喜ぶポイントをわかっています。男性を喜ばせられる女性は間違いなくモテます
。どのタイミングで何を言えば男性が喜ぶのか、どんな風に振る舞えば男性が喜ぶのか、それを知るためには男性と接する機会を多くして、男性の喜ぶポイントを知るのが一番です。

おわりに

男性慣れしていない女性は、まずは自分のタイプかどうかを問わず、多くの男性と接するところから始めてみてはどうでしょう?
男性に慣れてくると、男性が喜んでくれる機会も増えて、それが自信につながります!

(栢原 陽子/ハウコレ)