2010.10.08

睡魔に襲われたとき、眠らないようにする方法

授業中やテスト前の夜・・・寝ちゃいけないときにどうしても眠くなっちゃうときってありますよね。今回はそんなときに,眠らずに済む方法を紹介したいと思います。

比較的ゆとりのある空気のとき

まずは,比較的自由がきく環境にいるときの方法です。例えば,自習中・授業中だけど監視の目が少ないといった状況で行うものです。

  • 必要な物:冷たい飲み物
やり方
眠気があるときの多くは,身体の体温が通常よりも若干高めの時に起こりやすいです。
そんなとき一番簡単な方法は,『冷たい飲み物』を適度に飲むことです。冷たい飲み物を一口二口飲むことで,目が覚めやすくなります。さらにお勧めとしては,ビタミンなど少々刺激のあるものだとより効果的です。

人と接しているとき

次に,人と話したり人の話を聞いているとき、議論を行っているときにできる方法です。それは,『笑うこと』です。友人や誰かと会話をしているときに,少し笑い話を入れたり,笑うリアクションを多くする方法です。

そんなときに,笑い話や面白くなくても笑ったりすると『目が覚め,集中する』ことができています。大事な話をしているときでも,長時間ずっと話すだけでなく,2,3分でいいので休憩がてら、面白い話をするのも効果的です。

自由が利かず,空気が緊迫しているとき

こわ~い先生の授業や怒られているときに,眠気が出てしまってどうしようもないときに使う方法です。この方法は,その場で簡単にできますが,多少のアイテムが必要です。
それが『目薬』です。一般的にもよく行われていることですが,『目薬』はとても効果的です。

やり方としては,厳しい監視の目を潜りぬけ,一瞬で行うこと。なぜか?それは,その焦りや緊張感も眠気を覚ます効果があるからです。そのためには,胸ポケットなどに『目薬』を仕込んでおくといいでしょう。

事前に眠気を覚ます方法

ここでは,上記のような状況になる前に眠気を覚ます方法についてご紹介します。

①最低限,大事な用事がある前に徹夜はやめること
これは当然のようですが,実際多くの人が夜遅くまでおきて,コンディションを整えずに朝を迎えてしまう方が多いのではないでしょうか?

例えば,試験前など,徹夜で勉強して次の朝,眠いままそのまま試験に挑む というようなことがありますよね。これらのことは効果があるかないかといえば,あるかもしれません。ただ,デメリットのほうが多いです。大事な用事があるときは必ずコンディションを整えてください。そうしないと,普段の力も発揮できません。


②1時間~30分前にすること
寝てはいけないことがある1時間~30分前に眠気を覚ます方法です。それは,『バナナ』を食べることです。バナナは脳を活性化させる成分が含まれているため,とても有効です。スポーツの試合前,試験の直前にバナナを食べると力を発揮しやすくなりますので,ぜひやってみてください。

最後に

上に書いたものは私が今までやってきたものの中のごく一部ですが,とても効果的なものです。ただ,あまりこういった方法に頼り過ぎないようにしましょう。これらはあくまで,応急策です。

やはり,大事な用事がある前はしっかり睡眠をとり,体調を整えることが,一番の眠気予防策になります。

関連記事