逆に非モテ確定!?男性が眉をひそめるダイエット姿・5選


ダイエットに奮闘する女性の皆さん、美を追求するための飽くなき向上心は素晴らしいことです。しかし、そのダイエット精神は一歩間違えると体調だけでなく、男性からの評判も崩しかねません。
今回は、ダイエット中の女性が見せる態度に思わず萎えたという5つの行動を紹介しましょう。

1. ダイエットに付き合わされる

「ダイエットするのは別にいいことだと思うんですよ。ただ巻き込まれるのはカンベンして欲しいです。一時、彼女が熱心にダイエットしてたんですよ。けど、俺まで同じ食事にしようとしてたんです。俺はガッツリ食べたいのに、会うたびに精進料理ばっかで修業してる気分でしたよ。おかげでデートすることが億劫になってました」(30代/専門職)

ほかにも、仕事で疲れているのに早朝ランニングに付き合わされてウンザリしたという声もありました。
男性がダイエットに付き合ってくれればとても嬉しいし長続きもしそうですが、相手の同意や都合を考えずにダイエットに付き合わされるのはさすがにマズイです。ケンカの原因にもなりかねません。

2.運動せずに痩せようとする

「身体を動かさないで痩せようとする子って理解に苦しみます。怠惰な感じもしますし、楽して痩せたいのかなって思ってしまいます。自分がスポーツ好きだから、一緒に運動して痩せられれば理想なんですけどね。そしたら時間も共有できますし」(30代/クリエイティブ系)

運動するのは面倒で辛いから、できるなら運動せずに痩せたいという気持ちありますよね。しかし、楽をしようとする姿はやはり魅力的には映らないのが事実です。

また、食事を抜くダイエット方法は男性からも「不健康そう」「リバウンドしそう」「よく食べる女性のほうが魅力的」という意見も多いので、当然ですが食事はちゃんと食べた方がいいです。
男性を誘って運動できれば、運動しているアピールと男性とのコミュニケーションも取れて一石二鳥ですよ。

3.ひもじそうにしている

「食事制限でがんばってるのは分かるんですが、なんか見てて可哀想に思えてきましたよ。お金ない人みたいというか…ボソッと『おなかすいた』とか言うんですもん。だからデートで食事にも誘いづらくて、ずいぶん気を遣って疲れてしまいました」(20代/SE)

お腹が減っていると元気もなくなりますし、つい小言もでちゃいますよね。けれど、それが原因で男性に気を遣わせてしまうと、一緒にいる時間を楽しめなくなります。

4.体重に固執している

「とにかく体重のことばかっかり気にしてたんです。体重が減って喜んだかと思えば、ちょっと体重が増えてすごい不機嫌になってたり。ご機嫌うかがうのに苦労しましたよ。こっちからすれば大して印象は変わらないのに、自分の世界に入っちゃってましたね」(30代/会社員)

体重が減ったら減ったで、胸が小さくなっている気がして萎えたという声もありました。ダイエット中は体重に目がいきがちですが、スタイル維持の大切さを忘れない方がいいでしょう。なんのためのダイエットか、目的を忘れないで!

おわりに

ダイエットに熱心になりすぎて周りが見えなくなると、男性との関係に亀裂を生む原因になりかねません。
「痩せたい!理想の体に近づきたい!」という気持ちはとてもよく分かりますが、気持ちだけで盲目的に突っ走ってしまうのではなく、男性の気持ちも考慮してダイエットした方が良好な関係を築きつつ健康的に痩せられると思いますよ。

(大西 薫/ハウコレ)