2010.10.09

知的な「囲碁ガール」が話題沸騰中!囲碁を始める準備をしよう

囲碁は難しいと思っている方も多いかもしれません。ですが囲碁は奥が深いだけで実際のルール等は難しくないのです。
今から囲碁を始めようと思っている方に是非読んでいただきたいです。




道具の準備

何はともあれ道具がなければ何も始まりません。囲碁に必要な道具一式をそろえましょう。

囲碁に必要なものは・・・
・碁盤
・碁石
基本的にこれだけです。

ではこれらはどこに行けば揃えられるのでしょうか?
また、幾らくらいかかるものなのでしょうか?

碁盤と碁石を買おう

碁盤や碁石なんてそうそう見たことがない人もいるかも知れません。基本は囲碁や将棋の専門店で買うものなので、あまり出回らないのです。

ですが、専門店に行かずともネット販売や100円ショップなんて手もあります。またパーティグッズが売っているそばに売っていたりもします。100円ショップでは碁盤・碁石セット500円以下で揃えられます。
ただ、良い物になると何千万もするものもあります。

☆主な碁盤



☆主な碁石

碁盤の種類を選ぼう

また碁盤にはいくつか種類があります。
マス目の数に応じて19路盤・13路盤・9路盤があります。(たまに5路盤や21路盤なんてものもあります)


ここまで、選択肢を提示してきましたが実際にはどれを買えばいいか、それには予算と難易度を考える必要があります。

難易度ですが、マス目が大きくなればなるほど難しくなります。ただ、マス目が小さすぎると物足らなくなるかも知れません。また一回の対戦(対局)にかかる時間も変わってきます。
目安ですが、

碁盤の種類対局にかかる時間どのくらいのレベルから始めるか
 19路盤 1時間13路盤を卒業後 
 13路盤 30分始めて5~12局くらいまで 
 9路盤 15分始めて2~5局くらいまで 

という感じです。

初心者には…

私が初心者に推すのは13路盤です。9路盤ですと早い人で2,3局打っただけで物足りなくなってしまいますし、19路盤ですと広すぎで訳がわからなくなると思います。
従って13路盤を推奨します。

値段ですが、2500円~5000円程度のものが良いと思います。100円ショップで買えるものなどはマグネットでうち応えが無い物が多いですし、それ以上のものを買ってしまうと結構痛い出費になりそうです。

碁石は碁盤とセットで買うと良いでしょう。

別々で買うと物は良いのが買えますが、値段はかなり上がるので注意です。

お金なんかかけたくない、という人も居るかもしれません。
そういう方も大丈夫です。インターネット上には無料でコンピュータと対戦が出来るソフトもかなりあります。また、知らない人と対局を楽しめる囲碁のオンラインソフトもかなり充実しています。

興味がある方はぜひ探してみてください。


次の章では囲碁のルールについて学びましょう。

囲碁の対局に必要最低限なルール

関連記事