2010.10.09

写真付きで解説!囲碁の対局に必要最低限なルール

前の章では囲碁に必要な道具の準備をしてきましたね。

この章では囲碁の対局に必要な最低限のルールを見ていきます。

囲碁は黒石と白石に分け、二人で対戦(対局)するゲームです。黒石が先攻で白石が後攻となります。



「ニギリ」で先攻・後攻を決める

最初はジャンケンで白黒を決めても良いのですが、正式な決め方のひとつである「ニギリ」をご紹介します。

まずどちらかが白石を持ち、適当な数を握り盤上に隠すように置きます。
次に黒石の人は白石が奇数だと思えば1つ、偶数だと思えば2つ黒石を碁盤上に置きます。
白石の人は偶数か奇数かを数えて黒石の人が当たればそのままの持ち石、外れならば交換といった感じです。

☆ニギリの写真

囲碁の勝負が決まるまで

囲碁は簡単に言えば陣取り合戦です。石を杭に見立てて囲った部分が自分の土地となると思えば分かりやすいでしょうか。
石は将棋と違い、交線の上に置いていきます。

そして自分の土地と相手の土地のみになったら終了です。終了のことは1局の終わりということで「終局」と呼びます。

では実際に流れを見ながらルールも学んで行きましょう。
まず先に最低限のルールを提示します。

最低限のルール

囲碁は相手の石を囲うとその石が死んだこととなり盤上から取り除かれ自分の取石となります。
この取石を「アゲハマ」と呼びます。
以下に例を示します。

1                           2                           3


2番のように石の上下左右を囲うとその石は「死石」となります。
また1番の画像のように後一手で死に石になる状態のことを「アタリ」と言います。

1番の状態で3番にならないようにするには以下のように石をつなげます。



こうすることで黒石が囲う必要がある点が3点増えます。この点を「呼吸点」と呼ぶこともあります。

また盤面の端で囲う場合


上記の時点で「死石」となります。つまり「呼吸点」がなくなった時点で「死石」となるのです。

打ってはならない手

次は打ってはならない手について話します。

以下のような場所には黒は打つことができません。もちろん白は打つことができます。


  


もしここに黒を打つと黒の「呼吸点」がなくなり「死石」となってしまいます。囲碁はこのような自殺行為を禁止しています。このよう
な点を「着手禁止点」と呼びます。

ただし以下のような場合は別です。


上記の場合は黒が打つことで、その下と右の白石の「呼吸点」がなくなり、「死石」となるためです。このように取られる事よりも取ることのルールが優先されます。

では次の場合はどうでしょうか。

A


黒石はここに打てるかどうかということです。

先も述べたとおり取られるよりも取ることが優先されるので打つことができます。

B


するとどうでしょうか、次の手で白石も打つことができるではありませんか。白が打てば黒が、黒が打てば白がと両者取り放題です。これでは収集がつきませんね。
これを囲碁では「コウ」と呼び、特別なルールを設けています。

Aで黒が打ってBとなったなら白は他の場所に打ってから出ないと打てないというルールです。


次の章では石の生き死にについて学んでいきましょう。

囲碁の石の生き死に

関連記事