二人の関係も冷める!男性が嫌がるデートプラン・4選


あなたが「楽しいな~!」と思ってデートをしていても、気づかないうちに彼がご機嫌ナナメになっていたことはありませんか?それは、彼にとっては不快なデートプランになってしまっていたことが原因かもしれません。

男性に「行きたくないデートプラン」についてインタビューしたところ、いくつかのパターンがあったのでご紹介します。

1.女性の買い物デート

「女性の買い物に付き合うのは本当に嫌です。『どっちが可愛い?』と聞かれて、正直に答えたらそうかなぁ?私はこっちの方がイイと思うんだけど…』とまた悩みだす。
それならば、最初から俺に聞かずに自分が好きな方を選んだら?とイライラしてきます。」(24歳/飲食)

女性の買い物を一緒に楽しんでくれる男性なら良いですが、多くの男性は「必要なものを必要な時に見てその場で即決」というタイプが多いためあまりウィンドウショッピングを楽しむという感覚がありません。
また「どう?」と聞かれて素直に「それ、あんまり似合っていない」というと女性の機嫌が損ねてしまうため「それなら始めから聞かないで欲しい!」という思いもあるそう。

2.彼女が得意な場所でのデート

「彼女は留学していたことがあるので英語が得意なんですが、彼女は俺にも英語を勉強して欲しいのか外国人が集まるバーに連れて行かれたことがあります。
結局、彼女は周りの外国人と楽しそうにしていて俺は全然会話できず一人で飲むはめになりました。彼女を放っておいて帰ろうかと思いました。」(26歳/マスコミ)

デート内容によっては、誰でも楽しむことができるものと、ある程度の知識や経験がなければ楽しむことができないものがあります。
スポーツで言えば、登山なら誰でも楽しむことができますが、ゴルフやテニスとなると、ある程度練習をしていないければ最初から試合形式では楽しむのが難しくなってしまいます。特に男性はプライドが高い方も多いので、できない姿をあまり女性には見せたくないようです。

3.女性が多い場所に行く

「少し前に、彼女に話題のパンケーキ屋さんに連れて行かれたことがあります。でも俺は甘いものもそんなに好きじゃないし、そこに何時間も並ぶのも苦痛だし、周りを見れば女性ばっかり。女友達と行けよと思いました。」(28歳/公務員)

女性は人気のカフェに何時間も並びますが、男性にとっては「俺はそんなに興味があるわけではないのになんで並ぶだけで何時間も?」と、苦痛に感じるそう。
そもそも待たされるという行為が好きではない男性も多いので、行列に並ぶようなお店は本当に彼も並んで良いと思っているか、または合わせてくれているのかを確認した方が良さそう。

4.彼一人が運転するドライブ

「運転手が俺しかいなくて遠出するのは結構キツいです。本当は彼女にも運転できるようになって欲しいなと思いますが、まぁ、できないのはしかたがないので何も言いませんけど。
でも実際には、体力的にも大変だし気も使っています。そういうのを何も考えずに『ドライブ行きたい!ドライブ行きたい!』と言われると、俺はキツいんだけど…と思います。」(27歳/アパレル)

ドライブに出かける時、女性が運転できない場合は彼一人で運転をしなければなりません。口では「大丈夫だよ」と言ってくれていたとしても、実際は疲れていることもあります。
助手席で彼女が寝てしまうのを嫌がる男性も多いので、ドライブをしている時には彼を応援してあげる気持ちで起きておいた方が、彼を不機嫌にさせずに一緒に楽しむことができるようです。

おわりに

人によって楽しむポイントが違うので、人によっては上記のデートでも問題なく楽しんでくれる方もいらっしゃいます。
でも新しいデートプランを試す時には、彼の様子をよく見て、彼が嫌そうな顔をしたデートプランはいくら自分が興味があるデートでも繰り返さない方が良さそうです。

(栢原 陽子/ハウコレ)