デリケートすぎ?「自分より年収の低い彼」と付き合う時の注意点・4つ


以前に比べ、女性の社会進出が重要視されるなど女性の活躍が目立って来ています。
また、男性が草食化していると言われている今の時代では、仕事や年収において、独身の男性と女性であれば、あまり男女差が見られなくなてきました。最近では、女性の方が高学歴・高収入のことも多々あります。

そこで、今回は、男性に「高学歴・高収入の女性に気をつけて欲しいこと」についてインタビューしてきました。

1.本当の収入は決して伝えない

「彼女と将来の話になった時、お互いの給料を初めて言い合いました。そしたら、彼女の方が俺の1.5倍くらい多くて衝撃でした。
俺も普通に、もらっている方だと思っていたのでショックでした。ちょっと男として凹みますね。できれば、ちょっとくらい少なめに言って欲しかったです。」(27歳/建築)

草食男子が増えてきたと言ってもまだプライドの高い男性は多く、特に彼女には負けたくないという気持ちを抱えている男性は多いようです。
社会的地位や収入は男性にとって、できる男かの証明と見なされる部分もある重要な問題。もし聞かれたとしても多少低めに伝えるなどして、正直に伝えない方が良さそうです。

2.高価なものを持ちすぎない

「彼女はアパレル業界で働いているんですけど、とにかくブランド品大好き。俺が聞いている給料では買えないくらいに持っているので、そのお金をどうしているのかはずっと不思議でした。
偶然、彼女の家に行った時に給料明細があって、こっそり見たら俺より全然もらっていました…」(25歳/広告)

収入を伝えなかったとしても、持ち物で伝わってしまうこともあるよう。低めに伝えているにも関わらず、ブランド品ばかり身につけていたり、高級マンションに住んでいる場合には、他に男がいるか、親から援助を受けているなど、マイナスイメージを与えてしまうことになります。
自分よりも年収が低い彼とうまく付き合う時には、彼の生活に合わせるのがオススメ。

3.「仕事がラク」「仕事が楽しい」という表現は避ける

「彼女とは同級生なんですけど、彼女の方が高収入です。俺も業界の中では普通くらいの給料ですが、彼女の方が業界的に高収入になる業界なので、羨ましいです。
そんな彼女から『仕事が楽しい』と言う言葉を聞くと、楽しそうで良かったねと思う反面、こっちはめちゃくちゃキツい仕事で夜中まで働いているのに…。と思ってしまいます。」(26歳/旅行)

今の時代、頑張ってもなかなか結果や収入につながりにくいものです。夜遅くまで頑張って働いていても思うような収入を得られない彼に対して、高収入を得ている彼女が「仕事がラク!」と言ってくると、男性としては不快に感じてしまいます。
相談ごとなら聞いてくれるかもしれませんが、「高収入の仕事ならではの悩み」として捉えられてしまうこともあるようなので、もう収入だけでなく仕事全般の話は避けた方が良いかもしれません。

4.仕事ができる男性の話題は避ける

「前の会社にいた時に、会社の上司と付き合っていたんですが、彼女は役員クラスの人と仕事をしている人でした。
二人で話をしていても、そういった男性の話をすることがあって、嫌でした。彼女的には悪気はなかったみたいなんですが、自分よりもできる男性の話をされると、誰でも嫌なんじゃないですか?」(26歳/商社)

男性から見ても、高収入で社会的地位の高い仕事のできる男性は憧れるもの。そんな会社で働いている彼女を持つ男性としては「いつか他の男性のところに行ってしまうのでは?」と不安を持つようです。
余計な不安を感じさせないためにも、有名な会社、大企業で働いている女性は、職場の男性の話題は避けた方が良さそうです。

おわりに

楽しい恋愛をするためにも、二人にとって余計な情報はなるべく避けておいた方が無難です。
相手の年収がわからない時や、自分より低そうな時は、お金の話や仕事にまつわる話は避けた方が良いかもしれません。

(栢原 陽子/ハウコレ)