2010.10.09

写真付きで解説!「小ヨセ」から終局までの囲碁の対局の流れ(後半の打ち方)

前の章では序盤から中盤までの対局の流れをみて頂きました。

この章では後半の「小ヨセ」から終局までの流れを追っていきましょう。


境界線の決定

前章では大まかな「地」が決定しました。
更に細かな「地」の決定も見ていきましょう。



そこに黒×、白△、黒□、白○と打ちました。

黒×は「地」の減少を防ぎ、白△は「地」を減らす、黒□は「地」守る一手、白○は「地」を増やす一手です。


境界線上での「小ヨセ」

さて前項でだんだん境界線が定まってきました。
次を見てみましょう。



黒×、白△、黒□、白○と打ちました。
この黒は基本的な「ヨセ」です。
黒×、白△、黒□までは良いと思います。
では白○はなぜ必要なのか、それは黒に○と打たれて△の白が取られてしまうからです。
こういう「ヨセ」を「先手ヨセ」と言います。先手で打って先手で終わるから先手ヨセです。

では次を見ていきます。


黒×、白△、黒□、白○、黒A、白Bと打ちました。
更に残っている場所で「地」が増減する場所を打っていきます。



黒×、白△、黒□と打ちました。
これで黒は2目の得をしました。なぜこれが2目の得になるのか以下を見てもらいます。

まずは左下の黒ですが逆に白が打ってみましょう。



それでもなにも変わらないじゃないかと思われる方もいるかも知れません。
しかしもし黒がこれを無視すると以下のようになってしまいます。



黒が先の白の一手を無視して×と打ちました。
しかし白が△と打つと、なんと黒3目が「アタリ」になってしまいました。
しかも黒が□に打っても白が○と打って「死石」になってしまいます。
黒がAと打っても白が□と打ってこれまた「死石」になってしまいます。

つまり黒は先に白が打った際に△と守らなければならなかったのです。



では前にみた画像ですが、□の場所に白が打った場合はどうなるのでしょうか。
これまた同じく石が取られてしまうので黒が一手費やさなくてはいけなくなるのです。
従って2目の得と書きました。



次に白×、黒△と打ちました。

これで終局となります。
これで終わりと誰が決めたんだという方も、もしかしたらいるかもしれません。
終局を決めるのは両者が次の手を「パス」したときです。

では、「勝敗の決まり方」については次章でご紹介します。

囲碁の勝敗の決まり方

関連記事