2010.10.09

写真付きで解説!終局にならないときはどうするの?囲碁の勝敗の決まり方

前章では対局の流れの後半から終局までを見て頂きました。

この章では終局にならない場合の例と、終局後の流れ・勝敗の決まり方までをご紹介します。

終局にならない事がある?

前の章で終局は両者が次の一手を「パス」したらという事でした。
これは逆に言うと両者が「パス」をしない限り終わらないのです。

例えば黒は終局だと言い、白はまだだと言った場合に終局にはなりません。



例えば白が黒の陣地内で生きてやると思った場合×に打つとします。
続いて黒△、白□、黒○で生きそうにありません。
なお黒は手を加える必要がないと判断した場合「パス」することもあります。

これが慣れてくるともう生きる場所は無いなと分かり自動的に終局となるのです。

なお正式な対局においては終局にならずいつまでも続くのを防ぐため、両者持ち時間(もちじかん)を設定するようになっています。

終局後に行うこと

まず終局前に「コウ」は無くす必要があります。

そして終局になると「ダメ詰め」という作業を行います。
今回は「ダメ」が無いので以下で説明します。



以下の×のようなどちらの「地」にもならず損得が一切に無い場所を「ダメ」と呼びます。
そしてこの「ダメ」を石で埋めていく作業を「ダメ詰め」と呼ぶのです。

「ダメ詰め」が終わったら死んでいる石を取り除きます。



前項の場面では×が死んでいる石となります。
「眼」を2つ作ることが出来ないからです。

前の章で石を取られると取石、「アゲハマ」になると言いましたが、この死んでいる石も「アゲハマ」になります。

そして死んでいる石を取り除いたら両者の「アゲハマ」を相手の「地」に戻します。
つまり「アゲハマ」は終局の際、相手の「地」を減らすことが出来るのです。

「地」を数えて勝敗を決する

先の作業が終わったら最後に「地」を数えやすいように整地します。



例えば先の場面を以上のように整地します。
こうすると数えやすくなります。
白の「地」が×の部分の9×2で18目、
黒の「地」は□の部分が5×2 + △の部分が5×3 + ○の部分が1となり、
合わせて26目となります。
従ってこの対局は黒の8目勝ちとなります。

ここまでで囲碁のルールと対局の流れは一通り終わりました。
次の章では覚えておくと便利なテクニックをご紹介したいと思います。

囲碁の実戦で役立つテクニック

関連記事