グッときちゃう!?男性が褒められて嬉しい「ピンポイント要素」5選


恋愛において、相手を褒めることは効果的に距離を縮める方法です。ですが、ありふれた褒め言葉では男性の心を動かせないことがあります。

重要なのは、男性の要素をピンポイントに褒めて、真剣にいいと思っていることを伝えてあげることです。
今回は、男性に喜ばすことのできるピンポイントな要素を5つ紹介しましょう。

1.トークスキル

「話が面白いってことはコミュ力が高いってことじゃないですか。それに相手を楽しませよう、面白いことを言いたいって気持ちが強いから、話を評価されるのは目標達成できてる気持ちになれるので嬉しいです」(20代/美容師)

よく話す人であれば特に嬉しいでしょう。自分のアピールの場と思っている可能性も高いので。
ただし、うざったいのに「話がうまいですね」というと話に拍車がかかるため、本当にいいと思った場合のみ褒めた方がいいでしょう。

2.声

「ある意味才能褒められてるようなもんでしょ。だって持って生まれたものを褒められてるんだから。あと女性って声フェチっていうから、俺スゲー得なもの持ってるなって気持ちになる」(20代/アパレル)

声が魅力的なのはいいですよね。男性自身も、その点も褒められるのは嬉しいようです。
声がよければ積極的に伝えてあげてくださいね。

3.目

「目って人間で重要なパーツじゃないですか。女性でも目の良し悪しで美人かどうか左右されるし。男だって目を褒められるのは悪くないですよ。なんとなくイケメンって言われてる気にもなりますから」(20代/会社員)

目がキレイな人っていいですよねぇ…女性はお化粧である程度、手を加えられますが…
だからこそ目のキレイな人は褒めましょう。羨ましいくらいだと褒めましょう。
目は本当のイケメンの要素であることは男性も知っているので喜ぶみたいですよ。

4.こだわり

「没頭してる趣味のことを褒められるのは嬉しいです。俺バイクが好きなんですけど、女の人ってバイクなんて別に興味ある人少ないでしょ?けど、バイク好きなこと自体を褒められると嬉しいですよ。好きなもの褒められたら、認められた気になりますし」(20代/会社員)

没頭しているものやこだわってるものを褒めるのは効果的です。
没頭しているということはこだわりが強く、思い入れのあるものです。それを褒めれば、男性は自身を認められたような気分になって嬉しいのです。
他人に認められれば、だれでもうれしいですよね。

5.成果

「仕事の成果を褒められるのは嬉しいです。男にとって重要ですからね。達成感です。それを評価してくれたら、いい気分になりますよ」(20代/クリエイティブ系)

「フットサルやってるんですけど、それで勝ったときに褒められたらテンション上がりました。相手強いチームだったから、勝てたことに喜んでたので」(20代/大学生)

男性は勝負や目標を達成したときに大きな喜びを感じるため、成果を出したことに対して褒めればかなり喜びますよ。
だからこそ、なにか成果について報告があったときは印象アップのチャンスです。

おわりに

男性自身がこだわっていたり、男性の気づいていない魅力を教えてあげるように伝えてあげれば、男性は喜んでくれるでしょう。

ただし、褒めるときはできるだけ本心で伝えた方が良いです。
上辺で褒めると逆効果になることもありますし、それに本心で褒めた方がピンポイントな褒め言葉はダイレクトに伝わりますから。

(大西 薫/ハウコレ)