2010.10.09

問題を解いてみよう!やや上級者向け☆ 囲碁の実戦で役立つテクニック

前の章では囲碁の勝敗について学びました。

前章までで囲碁の対局に必要なルールとその流れの説明は終わりました。

この章では簡単なテクニックと「詰め碁」問題を提示していきます。
「詰め碁」とは部分的な死活などを問う問題の事です。
なお簡単と言っても実践向きですのでやや難しい問題が多いです。
基礎をしっかり習得しつつやや応用力が必要になってきます。


基本テクニック「シチョウ」



黒3子がある状態で「アタリ」状態の白が逃げ出しました。
しかしこの状態は「シチョウ」と呼ばれ黒が正しい手を打てば必ず白が死んでしまいます。
さて黒は△と□のどちらから「アタリ」をかけるのが正しいのでしょうか?



正解は△と打つのが正しいです。

すると白□と逃げます。しかし…




黒×、白△、黒□、白○と連続であたりになります。
更に続けると…



上記ようになり白は逃げ場が無くなります。
このように白は逃げ場がなくなるので、もしも石を生かそうとする場合は「シチョウ」に気をつけなければなりません。

「シチョウアタリ」と「ゲタ」



ただし上記の場合は「シチョウ」となりません。

黒が×、白が△と打ちます。

続きは示しませんが最終的に白は右上の白と繋がって連続「アタリ」が途切れてしまいます。

この「シチョウ」ではなくす右上の白石を「シチョウアタリ」と呼びます。

 

しかし上記は他の手法で白を取ることが出来ました。




黒×、白△、黒□で白には生きがありません。

この取り方は「ゲタ」の仲間にあたります。
ただし本来のゲタは○の位置に黒がある場合を示します。
○がある場合この時点で白は死んでいますが、白はまだ○に逃げられそうに見えます。



白×、黒△、白□、黒○で白はもう逃げる手がありません。

次からは「詰め碁」を見ていきたいと思います。

「詰め碁」

では1問目



黒先白死(黒が先に打って白が死ぬのが正解である問題)で1手のみ示してください。

2問目



黒先白4子取り1手のみ

3問目



少し難しいですが、黒先セキになれば成功です。

「詰め碁」の解き方

どうでしょうか先の「詰め碁」の答えが分かったでしょうか?

慣れてくると頭の中で考えただけで分かりますが、初めのうちはそうはいきません。

なので、実際に盤上に並べて黒と白を打っていくのが良いでしょう。

黒がこう打ったら白はこう打つだろうと予測して考えていけば力も付きますし、実践で思い出すことも多いはずです。

初めは自分勝手な憶測が多くなる傾向にありますが、経験を積むにつれて黒・白共に最良の一手を予測できるようになります。

では次の項で先の「詰め碁」の答えを見ていきましょう。

「詰め碁」の答え

では答え合わせです。


まずは1問目




黒は×と打つのが正しい、黒△では白×と打たれて失敗です。
では×と打つと、なぜ白は死になのでしょうか



白△、黒□で白は2「眼」が出来ません。
右と×の所に2「眼」あるじゃないかと思われるかもしれませんが、×の部分は「眼」ではありません。
「欠け眼」となります。
これは不完全な「眼」であり最終的に黒が□の上に打つことで「コウ」になってしまいます。
このような場合周りの黒が生きている場合に限り、白は無条件死にとなります。


続いて2問目



黒は×に打つのが正解です。△では×と繋がれてそれまでです。
では続きを見てみましょう。



黒が先のように打ったならば白×と取るしかありません。
しかし取った瞬間に白5子が「アタリ」となってしまい、黒が△と打つことで白を取り去ることが出来ます。
この△と打つ事を「ウッテガエシ」と呼びます。
この様に石をわざと捨てる「捨て石」が有効な一手になることは少なくありません。


最後に3問目です。



黒は×と打つのが正解です。
では実際に打った形を見てみましょう。



以上のようになります。
白は生きているんじゃないのかと思う人もいると思います。
しかしこの形白が無視すると黒に殺されます。

黒は×に打つと白が△黒が×で先ほどの問題と同じく「ウッテガエシ」になります。
もちろんこの状態で白が△なんかに打ってしまったら×ですぐに死にです。
白はこの問題×と打たなければなりません。



この状態になると白・黒ともに動くことが出来ず「セキ」になります。
白が×なら黒が△で白の死に、黒が×なら白が□で黒が死にになります。
このような「セキ」では地を換算しません。
つまり、×・△・□すべてがどちらの「地」でも無くなるのです。

最後に

対局の流れに慣れてきたら「詰め碁」をやるのは大変勉強になります。
「詰め碁」を覚えていくうちに実践で使えるようになり、鬩ぎ合いに負けにくくなります。

ここまで来ると囲碁に夢中になっていることでしょう。

対局の機会が無くてコンピュータ相手ばっかりになってしまうという方がいらっしゃるかも知れません。
でもインターネット上で各国の人と対局が出来るソフト等もあるのでいろいろ探してみると機会を多く持てるかもしれません。


以上で囲碁の説明を終わりますがどうでしょうか、
囲碁の基本から実践でのテクニックまで簡単なものを早足で説明しましたが、結構なボリュームになってしまいました。

しかしこのボリュームでも、まだまだ基礎レベルと言えます。
実践テクニックは実践のなかで覚えていくものですので、最低限は前章までということになります。

難しかったという方も居るかもしれません。
ただ実際にやってみると案外簡単なものです。
難しかったという方も実際に対局や石を並べながら学んでみて下さい。
気付いたころにはあんなに簡単な事が分からなかったのかと思うはずです。

皆さんも無理だとすぐにあきらめずに囲碁を楽しんでみてください。

関連記事