2014.10.23

脱、恋愛依存!恋愛で幸せになる為の方法・4つ


人は誰しもが、人から認めてもらいたい、愛してもらいたいという願望を持っています。
しかし、この気持ちが強くなるほど、恋愛に依存してしまいます。恋愛に依存してしまうと、自分自身が苦しいだけでなく、せっかく好きな人と付き合うようになっても彼も不安にさせてしまったりと良いことはあまりありません。

そこで、今日は、恋愛に依存してしまった経験を持つ女性に「脱!恋愛依存の方法」について伺ってきました。

1.趣味を見つけ、本業をがんばる

「今までで一番好きになった人と付き合えることになった時、本当に彼が私の全てでした。でも、ある日彼に『ちょっと重いんだけど…』と言われて、このままではフラれてしまうと思い、考えを改めて彼以外のことで夢中になれることを探しました。そうしたら、彼も『前より今の方が良い』と言ってくれて、今は仲良くしています。」(27歳/PR)

恋愛に依存している状態というのはつまり、恋愛のことしか考えられない状態。

でもそんな状態を見て、魅力的な女性だと感じてくれる男性はあまりいません。
自分の好きなことを見つけて一人の時間も楽しむことができる女性や、仕事や学業など夢に向かって本業を頑張っている女性ほど、男性は惹かれるようです。
また、そうすることで一挙一動に振り回されることもなくなり、気持ちが楽になります。

2.彼の言うことを鵜呑みにしない

「自分に自信がなかった時に、彼が言うことをなんでも信じてしまうところがありました。彼がイイと言ったものは良くて、彼がダメと言ったものはダメだと思ってしまって。でも、友達に『なんか最近、○○らしくないね』と言われた時に、自分を見失っていたことに気づきました。今思うと、みんな考え方が違うから、彼が全てではないはずなのに」(25歳/アパレル)

例えば、彼から「その服おかしくない?」と言われると、なんだか自分のセンスがおかしいのかと思ってきますよね。

でも、女性と男性の感覚は異なります。彼がNGを出しても、女友達から見ればオシャレに見えるなんてこともあります。逆に、彼が「イイね」と言っていることでも、他の人にとってはNGなことも。
彼の言葉を鵜呑みにしてしまわないように色んな人の意見を聞き、様々な視点を持っておくことが大切なようです。

3.自分のことを認めてくれる人を探しておく

「前の彼との付き合いが長くなってきた頃に、いつのまにか『私をわかってくれるのは彼だけ』と思っていた面がありました。その彼と別れた時に、頼れる人がいないことに気づき、もっと自分を理解してくれる人、心を開いて相談できる人を見つけておくべきだったと反省しました。」(25歳/イベント)

恋人は自分の理解者となってくれることが多いですが、「自分のことをわかってくれるのは彼だけ!」と思っていると、彼との別れがきた時に耐えられなくなってしまいます。

そうならないためにも、家族や友達、会社の先輩など自分のことをわかってくれる人や場所を作っておくことがオススメ。

4.お一人様上手になる

「私は学生の頃にいつも彼がいたので、あまり一人で何かをしたことがありませんでした。でも、社会人になって知らない土地に配属になった時に、一人で行動しなければならないことが増えて、その時に初めて、恋愛に依存していたことに気づきました。最初はすごく戸惑いましたが、今ではお一人様上手です。彼がいてもいなくても、自分の楽しい過ごし方が出来るようになりましたよ。」(26歳/出版)

彼に依存し、いつも一緒でないと不安という状態になってしまうと、いざ一人になった時に何もできない人になってしまいますし、彼にも「一人で大丈夫かな?」と心配をかけさせることにもつながります。

時には一人で出かけてみたり、カフェに入ったり映画を見たりと、お一人様上手になるのが彼とも良好な関係を続けるための秘訣と言えそうです。

おわりに

恋愛は片方が苦しくなると、もう片方も苦しくなりがちです。だからこそ、依存し過ぎて苦しくなり、彼との関係が悪化してしまわないように、彼以外のところでも幸せを見つけられる女性でいたいものですね。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事