2009.12.12

効率アップ!机周りをキレイ・快適にするテクニック

あなたの机周りはきれいに整理整頓されているでしょうか?
机周りが整理整頓されていないと、モノが見つからないだけでなく、
日常業務にも影響がでます。
机周りがモノでいっぱいになっている人はここで紹介するテクニックを試して
机周りをキレイ・快適にしましょう。

大事なのは「捨てる」こと

机が「整理整頓されてない」「モノでいっぱい」な人は捨てるところから始めましょう。
机周りをキレイ・快適にするためにはいらないモノを持たないことが重要になります。
定期的に「捨てる」時間を確保して、机周りにいらないモノがないか見直してみましょう。
また、なかなか捨てられない人は、
「捨てる・捨てないチェックシート」などを作って
捨てるかどうかを機械的に判断するとよいでしょう。

一時的な保存スペースを作る

捨てるのが大事だといいましたが、すぐに捨てていいかどうか分からない、
という人は捨てるかどうか不明なモノを一時的に保存しておくスペースを作ると効果的です。
重要度の低い書類や郵便物などは、どんどん捨てていき、
重要度が高いモノはいったん保存スペースに入れておき、
ある程度の期間、保存していても使用しなかったモノは重要度が低い、
つまり捨ててよいものと判断できるので捨てるかどうかを検討しやすくなります。

仕組み化する

整理整頓した後はキレイだけど、すぐにモノでいっぱいになる人は、
机の周りを仕組み化するといいかもしれません。
机で作業するときは必要なモノしか広げない、
ファイルの格納方法を徹底する、期限付きの書類はこのフォルダにしまう、
など自分専用のルールを作くってみましょう。
また、ルールに従ってモノを整理するようにすれば、
どこになにがあるか分からない事態を防ぐことができます。

モノを置く場所にランクをつける

机周りを快適にするには、モノを置く位置も大事になります。
例えば、よく使うモノは取り出しやすいように、体に一番近い引き出し、
あまり使わないモノは、机の一番下の引き出しに収納したり、
箱につめて机に下に置いたりしてもよいでしょう。
そうすることで、机周りには自然と重要なモノ、よく使うモノが集まるようになります。

「時間」「重要度」で整理する

いざ机のモノを整理しようとすると、
どうやって、整理すればよいか分からなくなる時があります。
そんな時は、「時間」「重要度」でモノを整理してみましょう。
「時間」は締め切りが決まっているモノなど判断し、
「重要度」は時間的には余裕があるが、大事なモノ、
高いクオリティが求められるモノなどで判断するようにしましょう。

郵便物はごみ箱の上で開封する

自分宛てに届いた郵便物はごみ箱の上(近く)で開封しましょう。
こうすることで必要ない郵便物を即座に捨てることができます。

おわりに

デスクワーカーにとって、机周りの環境は生産性をあげるために重要な要素になります。
これらのテクニックを活用し、生産性をアップさせましょう。

参考サイト

[シンプルライフハック - ストレスフリーの生活術&仕事術]
http://mtrs.fc2web.com/
[ワークスペース整理術+それを維持する方法 : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア]
http://www.lifehacker.jp/2008/10/post_286.html

関連記事