2014.10.25

その責任感ナゾなんだけど!男子が彼女とのエッチで感じているプレッシャー


こんにちは、ぽこひろです。
みなさんのカレはとても思いやりの深い優しい優しいジェントルメンです。だって、毎回毎回、単に性交渉の快楽に溺れることなく、彼女への様々な責任感を持ってさながら任務のようにセックスに臨むのですから。

今回は、20代男子30人に、みなさんには想像も及ばないような男子の気遣いを学びましょう。そしてできることなら、カレがその責任を果たせるようにお手伝いしてあげましょう。

1.挿入時間最低10分

「挿入はどんなに短くても10分はするってのはもうマストなノルマやね。挿入開始からやで? 前戯は入らん。平均挿入時間が5分かそこらじゃなかったか? 彼女を満足させるには、アソコのサイズだけじゃ足りん。重要なのはどれだけカッコええ銃を持っとるかやなく、その銃をどう撃つかやで」(映像/25歳)

おそらく全ての男子が、挿入時間に関する自分なりのノルマを設定しているです。みなさんのカレもきっとそう。
そしてそれは、彼女に早漏と思われたくないというより、彼女を満足させねばという軍人顔負けの義務感。涙ぐましいですね。
今度、無事果てたカレに無言で敬礼してあげてくださいね。

2.イかせなければ

「もしも彼女が頑張ればイクっていう子なら、毎回必ずイカせねばと思う。イク日とイカない日とがあると、イカない日の彼女が申し訳ないなと思うわけよ」(公務員/27歳)

男子ならば全員首を縦に大きく振るこのあるあるのプレッシャー。
一方、女子の方はそこまでイク、イカないにこだわらないのだと聞きます。しかし、そうと知っても男子は毎回イカせるという目標を捨てられないでしょうねぇ。
とするならば、皆さんできるのは頑張ってイクこと。どうしても今日はムリそうというのなら、演技でも構わないでしょう。

3.ごっくんはさせない

「フェラは大好きだから毎回してもらうけど、最後までは大変だろうからあんまりさせない。たまに最後までさせても、ティッシュに出してもらう。悪いし」(大学生/22歳)

意外でしたが、こう答えた男子は多かったですよ。みなさんもどうやら無理して頑張る必要はなさそうです。
もっとも、その理由に「お返しにこっちも舐めないといけなくなるからフェラすら嫌だ」というけしからぬ回答も……。

4.「挿れて……」まで待つ

「彼女が言うまで挿れない。だって早めに挿れたらまだ濡れてなくて痛いかもだし、あんまり経験のないヤツだと思われそうで」(大学生/20歳)

たしかに、いきなり挿れようとするのはかなり童貞臭いということで、気持ちはわからないでもないですね。ですが、これで延々と前戯をするのもいかがなものかと。
「そろそろ挿れたらいいのに……」と感じたら、一声かけてあげましょうね。アナタの声待ちかもしれませんから。

おわりに

いかがでしたか?
じつは大きな責任を背負って頑張るみなさんのカレ。そのけなげな頑張りを少しでも理解していただけたら幸いです。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事