2014.10.26

みんなどうしてる?エッチ中のハプニングとその対処法・5選


エッチには、毎回変化がつきものですよね。
いつもより気持ちよかったり、彼氏が早くイっちゃったり、いつも何かしらのハプニングが起こりえます。
そんなとき、みなさんはどう対処してますか? 慌てずにリア充女子らしくクールに振る舞えていますか?

今回はみなさんの対応力をチェックしたいと思います。そこで、30代女性20人に「エッチ中のハプニングの対処法」を聞いてみました。
アナタなら、こんなときどうする?

1.マン屁

「最悪なのはアレだよね。穴があったら入りたいなんてレベルじゃないというか、まさにその穴から出てるし。私はもう『恥ずかしいよぅ』とか言ってなんとかエロい方向に持っていってる」(事務/34才)

ほかには、「もう無視」や「いつも出て恥ずかしいからあらかじめ大きな喘ぎ声を出して隠す」などの答えがありました。
出ない人はまったく出ないものですが、悩んでる人からしたらかなり深刻な問題かもですね(笑)。

2.彼氏の中折れ

「男子もいつまでも若くないから、だんだんとセックス中で萎えるようになるんだよね。フェラとかしてまた勃つならいいけど、無理ならそのままやめて後でオナニーかな」(銀行/31才)

これ以外にも、例えば早漏でも同じハプニングといえるでしょう。
こんなふうに自分な満足できないとき、そのまま我慢して寝るという人、おもちゃでイかせてもらうという人、さまざまいました。

3.生理の血が

「終わったと思ってしたら、途中でドロっ。私は平気だけど、男子はぜったい引くよね。アソコもしぼむし。なんか固まっちゃってるから『大丈夫だよー』って慰めるよ(笑)」(フリーター/31才)

男子は、本当に生理の血が苦手ですよね。どうしても血をみると痛いんじゃないかと心配してしまうみたいなんです。

4.眠すぎる

「クンニされてるときに、むしょうに眠たくなってヤバイなーと思ったけど、『お尻叩いて』って言って目を覚ましてもらった。向こうは興奮してたと思う」(ケータイショップ/30才)

これは上手い(笑)。どうしても疲れてるときとか眠くなってしまうときはぜひこれを覚えておきましょう。

5.となりの部屋から壁ドン

「アパートで、隣に住んでる人から壁殴られるよ、たまに。そんなときは2人で大人しく寝ます。と思ったら声を殺してスリリングに楽しみます。ざまーみろー、羨ましいんだろー」(化粧品販売/31才)

壁ドンですか! どうせ隣の部屋の人も、それを聞きながら一人でしたりしてるんじゃないでしょうかね(笑)。
冗談はさておき、こんなふうにピンチもチャンスにするくらいの気持ちでいるとエッチのどんなハプニングも楽しめそうですね。

おわりに

どうでしたか?
ハプニングが起きたとき、必ずこれといった正解があるわけではありません。
けど、それをきっかけにお互い気まずくなったりイライラしたりせずに、それもイベントのひとつと思って楽しめたら素敵なカップルでいれそうですね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事