ちゃんと言わなきゃ!ダメ男を製造する「4つのコミュニケーション」


コミュニケーションは恋人関係を良好にするため必要不可欠ですよね。そのコミュニケーション、一歩間違えれば相手をダメ男にする可能性も潜ませています。
相手をダメにしてしまうコミュニケーションとは一体なんでしょう?次の4つを紹介いたします。

1.不満を溜め込んでしまう

「なにも言われなかったらなんでも許してもらえるような気になっちゃいます。不満は言ってもらわなきゃ、男もどんどん甘える一方ですからね」(20代/大学生)

不満を溜め込んでしまうと、どんどんストレスになっていきますよね。しかも、彼も何も言われないのをいいことに、どんどん調子に乗ってしまいます。
その結果、余計に彼に振り回される環境を自らつくりだすハメに…

相手に対して不満があれば、少しずつでもいいので伝える努力を。

2.欠点を見て見ぬフリ

「欠点を指摘するのは大事でしょ。他人が言えないようなことを言い合えるのが恋人なんじゃないですか?
欠点を見つけて無視しちゃったら、甘やかしてるというか、おたがいを高め合おうという気持ちがないってことでしょうし」(30代/販売)

相手の欠点って、関係の浅い相手だったら言いづらいですよね。下手に絡んだらおせっかいにもなりますし。

けれど恋人であれば別。欠点があれば、それを改善するために力になれるのが恋人のはずです。見て見ぬフリをするのは、誰のためにもなりません。

3.ケンカで絶対に折れてしまう

「ケンカしたときにいつも彼女側がが折れるパターンだと、男に付け入られるでしょ。だってケンカに持ち込みさえすれば男の独壇場になるわけだし。
それってDVにもつながりそうだからヤバいと思うんですけどね」(20代/IT)

ケンカの時、相手が絶対に折れると分かっていたらどうなるでしょう?
極端な話、ひたすら押せば勝てると思っちゃいますよね。そうなると、男性はキレればどうにかなると思いかねません。
すごく恐ろしい構図じゃありませんか…そのうち暴力で片づけようとしてきたら最悪です。

おたがいに意見をぶつけ合うのは、関係を深めるためにも時には必要。折れればいいなんてことは、決してありません。

4.叱れない

「ガミガミ言うってのとは違いますけど、ダメなことをダメって言えないのは健全な関係とはいえないと思います。叱られるようなことしても放置していれば、相手はどんどん堕落する一方でしょう。というより、堕落しても許される環境に甘えてしまうんじゃないでしょうか」(30代/公務員)


とんでもないことを男性がやらかしても、叱れない場合。浮気だってなんだって野放しにするようなものです。相手が非難されて当然のことをした場合、指摘するのは必要です。
感情的でもなく、顔色を伺うわけでもなく。愛をもって叱ることができれば、それは相手のためになります。

おわりに

相手に何も言わない関係は恋人とは言えません!
相手を甘やかすようなコミュニケーションは、相手のためにもならなければ自分のためにもならないのです。
言いたいことをおたがいに言い合えてこそ、特別な関係を築けるのではないでしょうか。

(大西 薫/ハウコレ)