歯が命なのは芸能人だけじゃない!今注目の歯科治療とは?


こんにちは!歯科医師の中嶋麻優子です。
今、注目されている3Dプリンター。気になっている方も多いのではないでしょうか?
この3Dプリンターさえあれば、物体を3次元的にコピーし、全く同じ形状のものを新たに作りだすことができます。
そんな3Dプリンターは、現在、様々な分野での応用が期待されていて、歯科治療においてもすでに応用されているんです。
ということで、今回は3Dプリンターがどのように歯科治療に用いられているのか、詳しくお話ししていきたいと思います。

1.歯科治療に用いられる3Dプリンターとは?

歯科治療に用いられている代表的な3Dプリンターといえば、CAD/CAMと言われるシステムです。
CADとはコンピューター上で設計図を作製すること、
CAMとはその設計をもとに、機械が削り出すこと、
をそれぞれ意味しています。
つまり、簡単に言ってしまえば、コンピューター上で再現した歯の被せ物を機械が削り出すシステムなんです。

2.CAD/CAMの利点って?

CAD/CAMシステムの出現により、従来は技工士さんが全て手作業で行っていた作業をコンピュータが行えるようになったため、より精密な被せ物を短時間で作製することができるようになりました。そして、人件費がかからなくなったため、みなさんの金銭的負担を減らすことができるようになりました。
また、CAD/CAMで作られる被せ物は金属を使用していないため、審美性に優れ、金属アレルギーの方も安心して装着することができます。
そして、色の種類が豊富なため、より自分の歯に近い自然な被せ物をいれることができるんです。
さらに、コンピュータ上にデータを残しておけるため、制作物の色が気に入らないなどの理由で再度作り直すことになってしまっても、そのデータをもとにすぐに作り直すこともできます。

3.CAD/CAMの欠点は?

◯保険外診療であること。
○以前に比べるとだいぶ価格を抑えているとはいえ、まだまだ高額であること。
○CAD/CAMシステム自体が高額なため、取り入れている歯科医院が限られていること。
○金属を使った被せ物に比べると強度に劣る。そのため、厚みを確保する必要があるので、歯を削る量が多い。

これらが欠点としてあげられます。

4.では、歯の被せ物はどれぐらいの強度があればいいの?

実は、「歯の被せ物は強ければ強いほどいい」というわけではないんです。
被せた物があまりに強すぎると、咬み合う自分の歯が削られてしまったり、さらには被せている歯自体が割れてしまうこともあるんです。
ちなみに、最も適した強度とされているのはオールセラミックで、これは天然歯とほぼ同じ強度を示しています。
キレイでかつ自分の歯と同じ硬さのオールセラミックがいかに優れているということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

さいごに

いかがでしたか?
「笑ったときに、金属の被せ物が見えてしまって大きな口を開けて笑えない。」「被せ物の色が自分の歯に合っていないような気がする。」なんて方は1度、歯科医院に行って相談してみてくださいね!
みなさんがいつまでも、キレイな白い歯で笑顔のステキな女性でいられますように。

(中嶋麻優子/ハウコレ)
関連キーワード