悩める女子のメシア!杉本彩の「恋愛名言」・5つ


あなたがもし恋愛に悩んで苦しいのなら、ラブの化身・杉本彩様のお言葉は、辛い今を抜け出す足がかりになるかもしれません。
恋愛に迷う原因はひとえに「自分の恋愛観」が確立されていないから。
彩様の声にそっと耳を傾け、自分の進むべき道を選びましょう。

1.彼氏と別れる心構え

「私は一度別れた彼と戻ることは絶対にありえない。1%でも可能性があるなら、それに賭けて別れずに頑張るから。だから別れるときは、0%になったとき」

元彼とのズルズルした関係は精神安定上もっともいけません。「もうこの人と二度と付き合うことはない」と自分で納得し、意志を固めてから別れないと、いつまでたっても過去に縛りつけられてしまいます。

2.他の女子を羨んでいませんか?

「人の真似をしていたのでは、いつまで経っても、その人は越えられないでしょう。他人に目を向けるよりも先に、まずあなた自身を受け入れることが必要です。そうすれば、あなたなりの魅力を引き出すことができ、真の美しさが芽生えることでしょう」

どんなに望んだって他の女子にはなれないのだから、まずは「自分らしさ」を突き詰めてみましょう。私に合う化粧・似合う服…。あなたなりの魅力を手に入れれば、あなたにぴったりの自然な恋愛が出来るはず。周りと比較して落ち込む必要はありあません。

3.過去を引きずらないためには

「こうなったのはあの人のせい」 と、自分が幸せじゃないことを、ずっと男のせいにして引きずっていてはいけない。そんな足踏みしている状態では、決して前に進めない。人を恨んでいると、その険しい思いは顔の表情にまで蓄積し、必ず醜くなってしまう」

前に進むためにはとにかく後ろを振り返らないこと。今の自分を形づくるすべての経験に感謝をして、次に生かしましょう。ひたすらにでも歩き始めたら、「そんなこともあったなあ」といつか笑える日が来るものです。

4.まず自分が愛することを一番に

「皆、愛されたいって思い過ぎてるの。愛されたい、理解されたいって。愛されることばかりを求めすぎて、愛することを疎かにしてるの。傷ついても、失っても、この人の人生のために何ができるのか?って自分が愛することを一番にすれば、全て解決するのよ」

「愛されること」を目的にしていると、満たされない欲求に支配されてしまします。「愛すること」を徹底し、自分の気持ちに責任を持ちましょう。そうすれば、例え裏切られたとしても相手を恨むことはないし、いつでも前を向くことができます。

5.つい意地を張ってしまう女子へ

「恋愛において男性と張り合っても、 何一つ良い事はない。心の中で”何言ってんの”って思っても最後まで男性の話すことを聞いてから自分の考えを伝え、とにかく可愛く男性を立てなきゃダメ」

意地や素直になれない感情が邪魔して、男性を立てられない女子に送る名言。

自分の意見が正しいという自信があると、相手の話を聞けずについ意地になって、頭ごなしに否定などしてしまっていないですか?
そのままだと、お互いの考え方の深い部分がわからないままです。
まずは相手の言い分から聞いて、彼を立てましょう。
その上で自分の考えを伝えて、意見をすり合わせることで、二人の関係を進めていくことができます。

おわりに

いかがでしょうか。恋愛が苦しいときは視野がとっても狭い状態。
現状を嘆いて否定し決めつけるのは止め、彩様のように「自分を受け入れ、自分の気持ちに責任を持つ」恋愛観を持てば、無理のない恋愛を楽しめるようになるでしょう。

(倉持あお/ハウコレ)