2010.10.15

一時的に利用できる「使い捨て」のメールアドレスを取得する方法

気になるWebサイトがあったがメールアドレス登録が不可欠なので利用を控えた、という経験をお持ちの方は少なくないでしょう。特に怪しいWebサイトの場合、大事な個人情報であるメールアドレスをできるだけ入力したくないものです。

こうしたときは、Webサイトへアクセスするためだけに使い捨てのメールアドレスを利用できると大変便利です。そこで、10分間だけ自由にメールアドレスを利用できるようにするサービスがあります。それが「10 Minute Mail」です。

使い方は非常にシンプルです。Webサイトにアクセスしさえすれば、自動でメールアドレスが割り当てられます。利用者はこのメールアドレスを自由に使うことが可能です。Webサイトへの初回登録時にメールアドレスを使ったり、外部にメールアドレスを公開したくない場合の一時的なメールアドレスとして利用したりする場合に有効です。


ステップ1 Webサイトを開こう

10 Minute MailはWebサイトにアクセスするだけ利用可能です。
http://10minutemail.com/10MinuteMail/index.html
にアクセスすると、画面中央にメールアドレスが表示されています。これが自由に使えるメールアドレスとなります。

ステップ2 メールのやりとりも可能

利用可能になったメールアドレスを使ってメールのやりとりも可能になります。このメールアドレス宛にメールをもらうと、メールアドレス取得画面下にメッセージの受信を確認できます。件名をクリックすればメッセージを確認可能です。メールの返信を書くこともできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さいごに

10分間限定ですが、メールアドレスをさらに10分間延長して使うよう設定することもできます。日本語のメールも問題なく表示されます。

これまでYahooメールやGmailなどのフリーメールをWebサイトへの登録などに利用していた方、わずか10分しか利用できないメールアドレスですが、大変便利なメールアドレスともいえるので、ぜひお使いください。
関連キーワード

関連記事