恋の内定ゲット!就活で大学にスーツを着て行ったときの悩殺モテテク・4選


こんにちは、ぽこひろです。
そろそろ、大学生の就活シーズンが本格到来しますね!
これから就活関連で大学にスーツを着ていく機会があると思います。就活生でなくても、塾講師のバイトなどで大学にスーツで行く方もいるはず。

そこで今回は、男子大学生30人と一緒に「就活で大学にスーツを着て行ったときの悩殺モテテク」について考えてみました。

1.パンツスーツならハイウエスト

「まず、圧倒的にパンツスーツがエロいよね。あれ、エロすぎない(笑)? 専門のAVまであるくらいだし、とにかく男子の好物。外せないね。よりセクシーに見せたいなら、腰パンみたいにしないでめっちゃハイウエストで履いて、ヒップピチピチでお願いしま」(S大学/21歳)

意外と思われるかもしれませんが、パンツスーツの人気はスカートタイプの比ではありません。
まあ、スーツだとどうしてもミニスカというわけにいかないでしょうし、それに「スカートスーツだと脚が太く見える」という意見が多数。理由は不明ですが、たしかに言われてみればそんな気もしますね。

2.お尻フリフリっ

「お尻をものすごくアピールしてほしい。スーツだと、全然胸がエロくない。スーツはタイトなんだから、それを利用してお尻を左右にフリフリしてほしいな!」(T大学/21歳)

1と少し関連していますが、やはりスーツの肝は上半身よりも下半身のようです。
キャンパス内をお尻フリフリで歩き回れば、いつのまにかお尻に釣られたメンズ数十名が後をついてきてしまうかもしれませんね。そう、さながらブレーメンの音楽隊のように……。

3.一人メシ

「学食とかでひとりでご飯とか食べててほしいな。カッコよくて惚れると思う。というか、スーツの子と私服の子が一緒にいちゃうと、どうしてもスーツの子が場違いに見えちゃうだろうしね」(H大学/22歳)

ただでさえ男子は、女子の異様なツルみっぷりを少し苦手に思っています。馴れ合いというのでしょうか。
そんななか、スーツを着たアナタは颯爽と学食へ入りぼっちメシ、いえ一人メシ。カッコいいじゃないですか。
孤独が似合う女は本当の美人とも言いますしね。

4.専門用語連発

「わからないけど、専門用語言いまくってればカッコいいんじゃね? 『スキーム』とか、『アジリティ』とか。バカっぽい子が言ってればちょっとは挽回できるかと」(R大学/21歳)

果たしてこれでモテるんでしょうか。そんな素朴な疑問が沸いてこないこともないですが、せっかくスーツを着ているのだから、普段とは違った言葉遣いで周囲を魅了するのも一種の「ギャップモテ」に繋がりうるでしょう。

「ちょっとこのサイト、ユーティリティ低すぎてウケるんだけどー。ブラッシュアップが足りないっていうかさぁ、もうちょっとアクセシビリティを高めた上でローンチすべきだよねー」なんて言ってみれば、「お馬鹿ちゃん」なんて呼んでいたあの男子も一気に見直してくれるはずです。

おわりに

いかがでしたか?
みなさんも、もしも今後大学にスーツで行く機会があれば試してみてください。たまにしかないでしょうから、出し惜しみする必要はありません!
ここぞとばかりに!

(川上ぽこひろ/ハウコレ)