失恋で辛い女性、必見!もう一度、恋したくなる映画4選


失恋をすると“もう二度と恋なんてしたくない”と思うことがあるでしょう。しかし、恋はするものではなく、落ちるもの。ふとしたきっかけで新しい道が見えてくるかもしれません。そこで今回は、失恋して落ち込んでいるとき、次の恋への希望が見えてくる素敵な映画を4本ご紹介します。

1.恋する惑星

あらすじ・・・香港の巨匠、ウォン・カーウァイ監督の映画。
2つのストーリーからなる映画で、どちらも失恋がテーマ。
警官223号は彼女に振られ、彼女の好きだったパイン缶を一晩で何十缶も食べた後、夜の街へ…。
偶然、バーで出会った女性とホテルへ向かうのですが、この女性もまた失恋の傷を抱えている。

2つ目のストーリーの主人公は、スチュワーデスの彼女にフラれた警官663号。彼が毎日立ち寄る屋台に雇われたフェイは警官663号に惹かれ始めるのだが…
1つ目のストーリーは、最後に金城武扮する警官223号が失恋の傷を癒やす独特の方法がとても素敵。“こんな方法もあったんだ”とハッとさせられます。

2つ目のストーリーでは失恋の痛みが癒されていく過程に、心が晴れ晴れとしていくでしょう。失恋の痛みを癒すには新しい恋が一番と言いますが、まさにそれを表すようなストーリーです。この映画をみると、艶やかな映像美に心が癒され、失恋を乗り越えるヒントを見つけられるはず。

2.めぐり逢えたら

あらすじ・・・病気で妻を失い、悲しみくれていたシアトル在住の建築家、サム。
そんなサムを心配した息子がラジオで父には新しい奥さんが必要だと相談する。そのラジオ放送を偶然聞いた、遠く離れたボルチモアに住むアニー。
シアトルの眠れぬ男サムが語る奥さんの話を聞き、涙を流します。それがキッカケとなり、アニーはサムに心惹かれていくのだが…

最愛の人を喪失した悲しみは想像を絶するものがあります。それでも立ち直っていくのが人間の持つ強さといえるでしょう。
失恋から立ち上がるチャンスを与えてくれるのは、身近にいる家族や友達、仲間なのかもしれません。この映画を観ると失恋の悲しみ以上の幸せが訪れるはず、と勇気をもらえます。

3.靴に恋して

あらすじ・・・5人の女性の物語を観ることができる映画。
中でもシューズデザイナー志望のレイレの物語は、失恋から始まる同棲中の彼とは上手くいっておらず、勤めている靴のショップから勝手に靴を借りて、クラブで踊る日々を送るレイレ。
しかし、そんな彼女にもある日、人生の転機が訪れる。同棲中の彼から別れを切り出され、彼は家を出ていってしまうのだ。悲しみに暮れるレイレだったが、やがて彼女は新たな決断をするのだった…

夢を追い求める過程で、恋に落ち、恋人に溺れて、夢を忘れてしまう人も少なくありません。また、恋人と過ごすことがメインになり、それまでの生活とガラリと変わってしまうことも。
ですが、失恋を経験することで、人間として一回り大きくなり、再び夢を目指したり、新たにチャレンジしていくのもまた素敵な人生です。失恋は必ずしも悪いことではないのだな、と思える映画です。

4.スライディング・ドア

あらすじ・・・広告業界で活躍しているヘレンは作家志望のジェリーと同棲中。
ある日、遅刻したことが原因で会社をクビになってしまう。肩を落として帰路につくヘレンだったが、地下鉄のドアが閉まる寸前で乗り込むことに成功、もう一方では、地下鉄に乗り込むことに失敗しタクシーで帰路につく。もし、電車に乗れたら…もし、乗れなかったら…その2つの運命の分かれ道を描く作品。

もしも次の出会いが運命的なものだったら…と考えずにはいられなくなる映画です。
出会うべき相手というのは、ある程度、決まっているのかもしれませんね。この映画を観ると、失恋を経験することが決してムダではなかったのだと思えてきます。
次に出会う異性が、あなたにとって、最高の相手かもしれませんから。

おわりに

失恋すると、すべてが終わってしまったかのような気持ちになるものです。
しかし、そう遠くない未来に、失恋を通して学んだことは決して無駄ではなかったと思えるはず。失恋から抜け出せずにずっと停滞してしまう…そんな人は、ぜひこの映画を見てみてくださいね。

(羽音/ハウコレ)