え?そんなこと!?男子が「すぐにセックスに持ち込まない」4つの理由


現代男子のみなさん、草食系やら絶食系やら若枯男子が増殖していると言われていますが、本当に性欲がなくなってしまったのでしょうか。その実態を探るべく、見た目も職業も異なる20代の男性4名に、最近のSEX事情と本音をリサーチしてきました!

1.セックスに持ち込むまでの過程が面倒くさい

「ただでさえ仕事で目一杯なのに、食事に連れて行ってホテルに誘導するとなるとかなりの労力が必要になりますよね。お金も時間も体力も大事なので、そのすべてを捧げる価値のある女性なのかを考えると、早く家に帰って自分の時間が持ちたいと思ってしまうんです」(26歳/広告)

この不景気でサービス残業が続くと嘆く彼にとって、お金と時間と体力は何よりも大事だそう。どんなにSEXがしたいと思っても、お金・時間・体力という3つの欠乏状態から解放されない限り、恋人を作っても面倒くさくなりそうとのことです。

2.社会的リスク優先

「学生時代は友達の彼女でも関係ないって思っていましたが、さすがに社会に出てそれなりの地位や立場に立ってしまうと、もう、うかつに身近な女性に手は出せないなって感じます」(25歳/飲食店店長)

20代前半まではやりたい放題だった男子も、それなりに責任ある立場を任されるようになり、保身に努めるように……。
職場や仕事が関係する身近な女性にはうかつに恋ができない年齢になってくるようです。逆に言うと、身近なところでポンポン手を出す男性には注意が必要かも?

3.責任を取らされたくない

「僕らもそうですが、女性も慎重な子が多いように感じます。一度試しにヤッてみない?とりあえず付き合ってみよう?みたいな軽い誘い方では断られちゃうんですよね。だからって責任取ってまでSEXできるかと言われれば、自己処理でいいですって気持ちになります」(23歳/カメラマン)

そんなすぐに相手を信用できるわけではありませんから、著者の個人的な意見としては“お試し交際”もアリかなと思います。
しかし、最近は安定志向が強く、“身体を許すのは将来を約束してくれそうな真面目な人”と決めている女性が多いそう。口には出さなくても、「結婚」や「責任」といった重たい切望が見え隠れする女性に警戒心を持つのは普通かもしれませんね。

4.自信がない

「正直、自分のテクニックに自信が持てません。これまで人並みに女性経験はありますが、彼女たちが本当に気持ち良かったのか、イッていたのか、怖くて聞けませんでした」(26歳/大工)

SEXに限らず、何でも不安があると心から楽しむって難しいですよね。疑心暗鬼になりながら相手の顔色を見て身体を重ねるなんて、想像しただけでもつまらなそう……。
詳しくは聞けなかったのですが、きっと過去の恋愛でトラウマになるような夜事情があったのでは。この手の“恋愛苦手男子”も、どうやら昨今は増えているという情報を耳にする機会が多いです。

おわりに

いかがでしたか?
上記4つの理由からすると、彼らは草食でも絶食でも若枯れ男子でもないことがわかります。ただ単に真面目に生きて、誠実に女性と接する結果、誘惑に及ばないのでは? 
ちなみに、みなさん一人エッチは変わらず継続中とのことですから、決して性欲がなくなったわけではないようです。男性も真剣に将来を考えられる女性と裸のお付き合いをしたいということでしょう。

(恋愛ウォッチャーaYa/ハウコレ)