2014.11.08

「もうだまされない!」イケメン風ダメ男を見抜くポイント


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

私の相談者さんには、「男運が悪い」「付き合う人がいつも“だめんず”なんです」とこぼす女性が多く、みなさん口をそろえるように「次こそいい男を見つけて幸せになりたい」と言っています。

ただ困ったことに、ダメ男は明らかに浮気癖がありそうな人や、だらしなさそうな人だけではありません。
見た目は「ふつう」、あるいは「さわやかなイケメン」のダメ男もいるので要注意。

今回は飲み会など「出会って間もない段階でダメ男を見抜く」ポイントを紹介します。

1.ケータイを見る回数が3回以上

人前で携帯電話をさわりたがる男性は、それだけでマイペースと言えますし、周囲への配慮に欠ける傾向アリ。たとえば、一度の飲み会で3回以上画面を見ている男性は、自己中心的な性格の可能性が高いでしょう。

「時計代わりに使っているから」という言い訳はNG。部屋の時計を見るか、誰かに聞く方が自然であり、「繰り返し携帯電話を見る」という行動が空気の読めない態度だということに気づいていないのです。

また、「このアプリおもしろいよ」などと女性とのトークで携帯電話を使う男性もキケン。同じことを他の女性にも話しているものです。

2.服、靴、財布、カバンを雑に扱う

飲み会などで最も簡単に見抜けるのがコレ。「服、靴、財布、カバンをどう扱っているか?」に注目すると、その男性の本質が見えてきます。

たとえば、服を汚す、たたまずに置く。靴に踏んだ跡がある、かかとが折れている。財布がパンパン、ヨレヨレ。カバンをポイッと放り投げるなど、雑に扱う男性は要注意。

優しいのはつき合いはじめたころだけで、すぐに恋人の扱いも雑になる傾向があります。

3.友人、家族、動物へのリアクション

トークでダメ男を見極めやすいのは、他人に関するの話題を振ったときのリアクション。なかでもその場にいない友人、家族、動物に対する言葉がそっけない人は、「恋人に優しくできない」「それなのに束縛する」男性の典型です。

自分や相手などその場にいる人の話を感じよくできるのは当たり前。「いない人の話題も感じよく話せるか?」は、穏やかにつき合っていけるかどうかのバロメーターなのです。

4.食べ飲みのスピードが1.5倍速

「料理をどう食べ、ドリンクをどう飲むか?」は、男性のマナーを見極めるポイント。
みなさんに注目して欲しいのは、いわゆるテーブルマナーではなく、食べ飲みのスピードです。

「料理が来たらアッという間に食べてしまう」「一人だけ飲むペースが速い」男性は避けた方が無難。
昭和の時代はこういう「女のことは気にしない」亭主関白な男性が好かれましたが、今ではただの子どもっぽいワガママ男に過ぎません。

周りを見ながらある程度ペースを合わせられる、あるいは「どうぞ」とすすめられる男性を選びましょう。

常に「彼女よりオレ」のダメ男

今回挙げたポイントに共通しているのは、「自分目線が強く、周りが見えていない」こと。常に優先させるのは「彼女よりもオレ」であり、だからこそメールを無視したり、暴言を吐いたり、平気で浮気するのです。

もちろんこれらを気にせず、見た目やフィーリングだけで選ぶのもあなたの自由。「彼とつき合えるのならガマンする」という覚悟が持てるのであれば、目の前の恋に突き進むのもアリなのです。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事