2014.11.11

たとえ年下好きでも!男子が後輩ちゃんを「ガキだなー」と感じてしまう瞬間


こんにちは、ぽこひろです。
男子は後輩ちゃんが好きです。自分の言うことをよく聞いてくれるし、かわいいし、なにしろタメの女子は精神年齢的には自分よりも上ですから、年下くらいがちょうどいいのでしょうね。

しかし、そんな後輩好きな男子でも「これはさすがに我慢ならぬ!」と憤怒の叫びを上げてしまう瞬間が……。逆に言えばこういった瞬間さえなければ、後輩ちゃんは完璧なのに……。

そこで今回は、「後輩女子を『ガキだなー!』とイラついてしまう瞬間」について2~30代男子30人に聞いてみました。

1.「休んでよ」

「すぐなんかあると『(仕事)休んじゃえばいいじゃん』みたいに言ってきたのがムカついたな。遊びじゃねえんだよ、みたいな。俺が社会人で彼女は大学生だったから、まだ子供気分が抜けてなかったのかな」(営業/26歳)

この人みたいに、大学生と社会人のカップルに多い悩みなのかもしれませんね。男たるもの、時には愛すべき者より仕事に取り組まねばならぬわけですが、それを「漢らしい」と受け入れてくれないことにイライラしてしまうのかもしれません。

2.「なんであの人と会うの?

「いろいろあるわけだし、女と2人で会うこともある。それをさも浮気みたいに言われるのは心外」(大学院生/24歳)

これはある程度人によりけりですが、年上の先輩男子って、なんだか異様に仲のいい女友達がいるイメージですよね。本人は「何もない!」と言い張るのでしょうけど。

3.「絶対結婚しようね」

「付き合ったときにすぐ婚約求めてくるのが疲れる。そういうのは何年も付き合ってから言おうな。もちろんその場は『うんうん』って合わせておくけどさ」(不動産/25歳)

学生時代は、付き合うとすぐに結婚の話題をしたくなるもの。ですが大人になると、その現実味のなさに気づいて、あまり軽率にそういった話をしなくなるんですね。

4.「さやかねぇ」

「一人称が名前な子っているけど、ちょっと苦手だわぁ。そろそろ直そ?って感じ。こっちまで恥ずかしくなるからさ」(公務員/24歳)

こういった、子供っぽい癖シリーズはほかにもありました。たとえば、手の甲をメモ帳にしたり、いつまでも寝坊が直らなかったりなど。
いつまで子供やってんの……とイライラしてしまう男子が多いようです。

5.でもやっぱり大好き!

「ガキだなって思うことはあってもやっぱりかわいい。こんなに甘えてくれるのは後輩ちゃんだけ」(大学生/22歳)

後輩ちゃんの魅力は、問答無用で甘えてくれるかわいさ。今回ネガティブな点を上げてくれた男子もほとんどが、「それでもやっぱり後輩はかわいい」と意見は一致していました。
かわいく甘えておけば、あとは何しても許されてしまうかも?

おわりに

いかがでしたか?
後輩である以上、相手に「子供っぽい」と感じられることは避けられないでしょう。むしろ、「大人っぽい後輩ちゃん」なんて存在価値がありません。
よほどヒドすぎるものでなければ、今回あげたデメリットも「かわいいしOK!」と受け入れてもらえるかも知れませんね。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事