もう困らない!男性との距離を縮める「共通話題」の見つけ方・5つ


いざ気になる男性と話す機会があってもカチコチになって頭が真っ白になって「何話そう…なにも話すことが…」となったら、せっかくの機会が台無しです。

男性のことを知るいい機会ですし、男性に好印象をもってもらいたい!しかも楽しくお話したい!!ならば男性が好きなものを知って、一緒に楽しめばいいんです!!

というわけで、会話のネタにも困らず自ずと話が弾んじゃう共通話題の見つけ方を5つ紹介しましょう。

1.趣味を聞く

「趣味が合えばそれだけで会話は自然と広がっていきます。好きなスポーツだったり、映画好きだったり。それで一緒にどこか出かける口実にもなるし、趣味が合えば会話だけじゃなくて距離も縮めやすいのは確かですね」(20代/IT)

趣味が合えば一発で距離も縮まりますもんね。話題にもたしかに事欠きませんし、約束だって取り付けやすいといいことづくめです。
しかし趣味が合致する可能性は高いとはいえないので、ほかのアプローチも必要です。

2.好きなものを聞く

「好きな物を聞いてくれれば、それなりには出るじゃないですか。食べ物でもいいし、好きなマンガはなにかとか。俺、特に趣味ってないんですけど、さすがに好きなものくらいはありますし。映画好きってわけじゃないけど、好きな映画はあるから」(30代/教育)

好きな物ってくくりなら、趣味よりも一緒になる範囲は広がりますよね。好きな物についてなら会話も広がりやすいから、相手が何に興味をもっているか、注意深く観察すべし聞くべしです。

3.身に付けてるものから聞く

「見た目に気を遣ってる系の男だと、けっこう服好きな可能性ありますからね。おたがいに服が好きだと、話題も広がるんじゃないですか。一緒に服を見に行こうって流れも自然ですし」(20代/アパレル)

ファッション好き同士ならかなりリンクしやすい要素ですね。服が好きなカップルって、おたがいとてもオシャレさんですからね。これは趣味が合うのと近いのかもしれません。

おたがい服が好きではなくても、外見からその人の興味や人となり探すヒントになります。相手に興味をもって注意深く観察する姿勢が大事なのです!

4.休日の過ごし方を聞く

「休日どう過ごしてるかって、けっこう生活パターン出るじゃないですか。カフェに行くんだったらお気に入りのカフェの話したり、飲みに行くのが好きなら酒のこととか行きつけの店についても話せるし。
アウトドアでもインドアでも、なにかしら共通する話題って見つかりやすいと思いますよ」(20代/飲食)

休日の過ごし方をヒントにすれば共通する要素も見つけやすいはずです。過ごし方が似ていればそこから話を展開できますし、男性が興味のあるものを見つけるきっかけになります。「ずっと寝てる」と言われない限りは…

5.ハマってるものを聞く

「今ハマってるものって、けっこう話合いやすいですよ。だって流行りのテレビや芸能人、スポットにグッズってまさに共通のネタじゃないですか。だからおたがいが話しやすいネタなんですよね」(30代/医療)

今流行りのものから話を広げるのはけっこうヒット率が高いはずです!流行っているものは限られていますし、流行りは多くの人が知っているものですからね。
年代が近い場合は、昔流行ったものを聞いてなににハマったか聞くのもいいかもしれないですね。

おわりに

まず相手に興味をもち、相手が何を好き好んでいるか徹底的にリサーチする姿勢で、多角的に調査に乗り込んでください!その気持ちで話を聞いていれば、共通話題は見つかるはずです。

最悪なのは、自分のことばかり考えて、結局相手になんて興味をもたず話をすること。相手のことも分からず話も広がらず、いいことなしです。

相手に興味をもって話す姿勢だけでも、男性は好感を抱くものですよ!

(大西薫/ハウコレ)