2014.11.15

「昼顔」は他人事じゃない?結婚したら不倫にはまる女子の特徴・5選


結婚する前は、『不倫なんて道徳的におかしい!』と声を大にして言っていたのに、いざ結婚したら不倫を正当化しはじめる女子って意外と多いんですよ。

結婚したあと、旦那さん以外に恋愛感情を抱いてしまうのはある意味仕方ないこと。
ただし、昼顔の主人公みたいにどんどんのめり込むのはやめましょうね。

そこで今回は、結婚したら絶対不倫しそうな女子の特徴をご紹介します。この項目が当てはまる人は特に気をつけてくださいね。

1.自分を責めすぎる女子

なにかしてしまったときに、自分に厳しい女子は、自分を責めます。そして自分を責めすぎた結果、「どうせ私はダメな人間なんだ」と自暴自棄になって浮気に走ってしまいます。

このタイプの女子は結婚後、はじめは自暴自棄から入りますが、そのうちラクな不倫の道にはまり、結婚生活を維持することができなくなります。

自分に厳しいのはある程度必要なことですが、逃げ道がないくらい自分を責めすぎて本来あるべき自分の姿を見失ってしまっては本末転倒。しかも旦那さんも家族もみんな迷惑します。
『わたしなんてこんなもんでしょ』と言い聞かせるようにしましょう。

2.ストレスを溜め込みやすい女子

ストレスというのは、溜まってる溜まってると言う人のほうが案外発散できていて、『ストレスなんて溜まらないよ』という人のほうが案外ストレスを溜め込んでいるのだそうです。

嫌なことがあったら、『わたしは大丈夫』といい聞かせるのではなく、その都度ぶちまけて発散してしまいましょうね。ストレスはちょくちょく発散するようにしないと、強烈に心と体をむしばんでいきます。

3.母性が強めの女子

困っている友達を見るとなんとかしてあげたいと思ってしまうような母性が強い女子は、結婚していても、部下などの年下の男性にかいがいしく何かをすることに喜びを感じます。

旦那さんにすればいいじゃんと思うかもしれませんが、亭主関白気味の旦那さんは、妻の上に立とうと見栄をはり弱みを見せないため、世話を焼きにくく嫌な気持ちになったりします。

そんなときに自分を頼ってくれる歳下男性に出会ってしまうと、かわいくてしょうがなくなっちゃうんでしょうね。男気が強い女子は気をつけてくださいね。

4.愛されたい願望の強めな女子

お姫様的発想のもと「私を見て〜」と常に思っている女子は、恋愛期間はわたしだけをみていた旦那さんが、結婚をしたことで彼の興味の対象が「家族」になってしまい自分に注意を払ってもらえないことに不満を抱きます。

そして、常にわたしをみてくれる激しい恋愛をしたくなり、つい不倫にはまってしまうのです。

5.すぐ人を非難する女子

『ここを治してくれたら』『この人のここがダメだと思う』などなど、男へのダメだしを繰り返す女子は、結婚後も旦那さんにストレスがたまりまくります。
そうすると、『旦那がこんなだからわたしは浮気するのよ!』と人のせいにしながら、不倫にどんどんはまっていきます。

おわりに

いかがだったでしょうか。
1〜5の特徴を兼ね備えてる女子は、ひとことでいうと、きまじめで自分にも他人にも厳しい人。

結婚生活は、人生の半分以上も同じ人と一緒に住むことになる可能性が強いです。ただでさえ、大変な忍耐力を必要とします。
そこに理想を抱きすぎると、夢破れ、自暴自棄になったところから、不倫にはまってしまったり、無理に家族の前でいい顔をしようとがんばりすぎた結果、ストレスを溜め込みすぎたりします。

真面目なのはいいことですが、適当という言葉も大事です。自分にも他人にも適当であることが大事。自分を極端に責めたり、人を極端に責めたりするのはやめましょうね。

(内野彩華/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事