2010.10.21

僻んでなんかおりません。独身女性が友人の結婚をスマートに祝福する方法

独女のみなさん、お元気ですか?毎日バリバリ働いて、独りの暮らしを満喫していますでしょうか。みなさんが独女でいる理由はさまざまだと思います。

それでもお友達の結婚の知らせには複雑な心境になったりしますよね。普段から私は結婚できないんじゃない、しないんだと思ってはいても、少し羨ましかったり、妬ましかったり。そんな独女のために、お友達の結婚をスマートに祝福するコツを伝授します。

データを知る

厚生労働省の発表によると、2009年に初めて結婚した女性の平均年齢は29.7歳。これにより、すべての30代女性はいつ結婚してもおかしくない状況にあるといえます。結婚を決めたお友達が30代なら、それはごく普通のことであって、特別視する必要はありません。

じゃあ独女は普通じゃない?

では、30歳を過ぎても結婚していない独女のみなさんは普通ではないのでしょうか。普通、という言葉が抱える普遍的な問題ではありますが、何が普通かは人によって違います。私って普通じゃない?と考え、むやみに焦ったりすることは無意味です。

仮に30歳を過ぎたら結婚するのが普通のことだとしても、あえて独女でいることを選ぶ人んでいるひとも多いでしょう。結婚以外のことに幸せを見出せている、素敵な生き方ではないでしょうか。

多くの独女は自分の生き方に満足しているはず。結婚せずに男性と肩を並べて働く私、結婚せずにお金を自由に使う私、結婚せずにいつまでもオシャレな私。「結婚しない私」、さらにいえば「普通よりちょっとだけカッコイイ私」が気に入っているんですよね。

毒女だけにはなるな!

どんなにみなさんが「結婚しない私」を気に入っていても、周囲からは多かれ少なかれ「結婚できないかわいそうな独女」と思われている可能性は否定できません。だからこそ、お友達の結婚に少しでも妬みやひがみを見せるのはアウト。かわいそうな独女どころか、キモい毒女のレッテルを貼られてしまいます。

ではどうすればいいか?これはもうとっても簡単。ひたすら羨ましがればいいんです。

羨ましい>>>>>>>妬ましい

妬みやひがみより、羨みの方が周囲に与える印象はずっとまし。本当はさほど羨ましくなくとも、大げさに羨ましがって見せましょう。

周囲に本当は結婚したいんだと思われるのはプライドが許さないかもしれませんが、そのプライドこそが妬みやひがみの証。多少泥をかぶってでも素直に祝福をするふりをする方がスマートです。

最後に

本当のお友達なら心の底から祝福できるはず。そうでないのはみなさんとお友達との関係性にも問題があるのかもしれませんね。なんにせよ、おめでとう羨ましいわ、と笑顔で言うのが大人の女性というものです。
関連キーワード

関連記事