2014.11.16

浮気がバレた!彼に許してもらう5つのコツ


浮気をしたら隠し通すのが鉄則。
とは言え、万が一、見つかってしまった場合にはどう対処すればよいのでしょう。軽い気持ちで遊んでしまったけど、やっぱり彼が大好きという身勝手女子は必見!!
今回は浮気を許してもらったことがある女性に、別れられても仕方ないこの状況をうまく切り抜ける方法を聞いてきました!

1.寝たことは隠し通す

「体の関係を持っていたことは最後まで絶対に隠し通す!そりゃ勿論、隠すことに罪悪感はあるけど、それから逃れるために打ち明けても、彼を苦しめるだけで、逆に卑怯だと思うから。」(30歳/出版社)

何だか大人なコメント・・。知らぬが仏というところでしょうか・・。確かに、大好きな人が他の人と関係を持ったというのは耐え難い事実。
打ちひしがれている彼を更に追いつめてしまうだろうことは容易に想像がつくので、わざわざ自分から言わなくてもいいのかもしれません。

2.反省の意を伝える

「急遽、バレると言い訳ばかり頭に浮かんできちゃうけど、彼が冷静さを取り戻すまでは何言っても逆効果。だからまずは身勝手な行動で彼を傷つけてしまったことを全力で謝罪するよ。」(27歳/医療)

“悪いことをしたら素直に謝る”これは当然ですよね。ここで開き直ったり、言い訳パレードをすると、この時点で彼に心の底から愛想を尽かされてしまうかもしれません。
浮気を認めるのもそれはそれで厳しい道ですが、もうバレているのですから、覚悟を決めて謝りましょう!

3.好きを理由にする

「許してもらうには“彼が好きだから”を浮気の理由にするべき!『彼が好きだからこそ、寂しくなってつい・・』とか、『好きすぎて重いって思われちゃうのが嫌で、他も見ようとしたの!』とかね・・。その方が、彼も救われるし、許す気が起きやすいと思う。」(28歳/営業)

相手に冷められてしまって浮気をされたという状況は、浮気の被害者にとって一番ショッキングな状況。となれば、“好きだから浮気しちゃった”というのが、浮気された中では一番ましな状況なのかもしれません。別れたくない場合にはなるべく相手の傷を浅くするのがいいでしょう。

4.相手の責任を問う

「一方的に謝っているとどんどん彼の被害者意識が高まっていくから、謝りつつも、『あなたにも責任はあります』ってことを伝えるよ!そうすることで自分の罪も少し軽減するし、彼のプライドも少し持ち直せると思う。」(26歳/メーカー)

素直に非を認めて、反省することは大前提。けれども、100パーセント非を認めてしまうと、彼は反省点や改善点を見いだせなくなってしまいます。
何も悪くないのに浮気されるんだと彼の中でインプットされてしまうと恋愛不信に陥ってしまう可能性も・・。彼のプライドと心を守るためにも、彼にも少し責任を分けた方がいいのかもしれません。

5.すがらない

「別れたくないのなら、彼にすがり過ぎない方がいいと思う。すがればすがるほど、彼の気持ちを逆なでして、収拾がつかなくなるから・・。『あなたが別れたいなら仕方ないね・・。』くらいのスタンスの方が、相手の未練を掻き立てることができると思う。」(24歳/金融)

自分が許しさえすれば簡単に続けられるという状況では彼の未練を掻き立てることはできません。彼に引き留めてもらうには、手を放せばこのまま離れて行ってしまうという状況を作った方がいいのかも。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
言うまでもありませんが、浮気は大切な彼を傷つけてしまう最低な行為です。
許してもらえたことで調子に乗って、再び繰り返すなんてことのないようにお願いしますね!

(城山ちょこ/ハウコレ)

関連記事