2014.11.19

男性に聞いた!「正直嬉しくなかった」クリスマスプレゼント・5選


クリスマスプレゼントってあれこれと考えちゃいますよね!むしろ考えるのが楽しいくらいです。やっぱり大好きな彼に喜んでもらえるのは嬉しいから、ついつい気合いも入りますよね。

しかし!その気合いの入れ方、ホントに彼氏のためになっていますか?
もし彼氏が喜んでくれない物を一生懸命選んでいたら台無しです!

そこで今回は、プレゼントするにはちょっとマズいテイストのものを5つ紹介しますね。

1.「私服には厳しい…」

「ペアルックって個人的に好きじゃないんですよ。部屋着とかならまだいいけど、お揃いの服着て外出て行くって恥ずかしすぎる。ペアルックしたいくらい好きってメッセージだけ、ありがたく受け取ってきます…」(20代/営業)

ペアルックはたしかに人を選ぶ、というより身に付けたい人って少ないんじゃないかと…
男性の意見にもあるように、部屋着のようなプライベートな場で身に付けるものなら愛を深められそうですが、私服としてはかなり微妙な気がします。

2.「なんでこれを選んだ…?」

「明らかに似合ってない物ってホントに俺のこと分かってんのか疑います。じつはそんなに俺のこと分かってないのかなって気にもなりますし、ホントに俺のこと見てくれてんのかな…?」(10代/大学生)

これは彼女がいかに男性のことを分かっているかが試されるプレゼントですよね。
似合っていれば当然喜ばれますけど、自分の趣味だけで選ぶと彼に「俺のことあまり理解してないのか」と大きなマイナスポイントにつながる可能性ありです。

彼に似合うか自信のない時は、無難な消耗品やシンプルな小物を渡すのがよさそう。

3.「俺にはこだわりがあるんだ!」

「こだわりがある物って、相手に渡すにはハードル高いですよ。僕は服や小物にこだわるんで、あまり渡して欲しくない。身に付けなきゃ彼女の気持ち損ねるし、かといって俺は身に付けたい物は自分で選びたいですから」(30代/美容師)

これは2よりももっとハードルが上がっちゃいますね。仮に似合っているものでも、彼の納得がいく物でなければ迷惑なプレゼントになりかねません…

悲しい気持ちは分かりますが、「せっかく選んだのに!」なんて怒っちゃうと亀裂の原因になりかねないので厳禁です!

彼のこだわりの品で勝負を挑む場合は、よほど彼のことを分かっていない限りは外した方がいいでしょう。
また、事前に彼がどういうものにこだわりを持っているのか知っておくのも大事ですよ!

4.「いや、世話とか手入れはメンドイ…」

「前に観葉植物プレゼントされたことがあったんです。インテリアとしてはいいと思いますけど、世話するのがすっげーメンドくさくて枯らしちゃって。そしたら彼女がキレました。分かるけどさぁ…俺が世話しなきゃなんねえってことも考えろよ!メンドくさがりなの知ってるだろうに」(20代/販売)

お世話が必要な物や、お手入れを欠かしちゃマズイものは避けた方がいいですね。
せっかくのプレゼントが、部屋で無残な姿になっていると「私のこと好きじゃない!?」と余計なダメージ&ケンカの原因になっちゃいます。

メンドくさがりな男性には、お手入れ不要で気楽な物をプレゼントしましょ!

5.「……俺がヒョロいと言いたいのか?」

「前、元カノに筋トレグッズをプレゼントされましたよ。凹ませる気かよって。僕に不満があるってことでしょ。そりゃ自覚はあるけど、こんなの嫌がらせですよ!」(30代/SE)

これ…嫌がらせ…?じゃなくても、止めておきましょう!筋トレマニアで新しい器具が欲しいと言っていない限りは止めておきましょう。

男性は肉体のひ弱さを突っ込まれるとダメージ大きいので、これじゃ暗に「アンタはヒョロイ」と言ってるようなものです。
しかも男性は繊細ですし、「これって夜も満足してないって意味か…?」と勘ぐっちゃう可能性もあります。

おわりに

自分の気持ちだけでプレゼントしちゃうと、あさっての方向に努力して「なんで喜んでくれないの…」と落ち込む原因になっちゃいます。

まず、彼がなにを望んでいるのか、どういう性格なのか、彼の気持ちや人となりをベースにプレゼントするのが大前提です。

彼のことが大好きでも、気持ちを押しつけるようなプレゼントは控えましょうね。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事