デート中にトイレに行った時「絶対にチェックしておきたいこと」・4つ


デート中のトイレ問題は時に大問題です。付き合い始めの頃であれば、なかなか「行きたい」と伝えることができなかったり、回数が多いと「トイレ近いな」と思われてしまわないか不安に思ったり。
しかし、彼から離れて一人になれる空間であるがゆえ、、いろいろと手直しできるチャンスでもあります。ここは気をつけて賢く使いたいところ。

そこで今日は、女性に「デート中にトイレに行ってチェックしておくべきだった!」と反省した出来事についてインタビューしてきました。

1.歯の食べカスや口臭を確認

「ディナーを食べた後にバーに移動して、トイレに行きました。鏡を見たら歯の隙間にのりが挟まっていてショックを受けたことがあります。
移動中、彼にずっと見られていたかと思うと恥ずかしくてたまらなかったです。1軒目のお店を出る時にチェックしておくべきでした…」(22歳/学生)

これは男性が気づいていたとしても、よっぽど親しくなければ言いにくいものなので、自分で気づかなければなりません。
お店を出る前にはトイレに寄るようにして、匂いがある食べ物を食べた時には、できれば軽く歯を磨いておいた方が安心して一緒にいることができます。

2.メイクの崩れを確認

「デートの前だけでなくデート中でもトイレに行ったらメイクは必ずチェックしています。特に肌のサラサラ感は大切だし、目の周りは崩れやすいので気をつけています。
以前、照明が暗めのトイレでメイクを直したら、自分が思っていた以上に塗ってしまっていたようで、明るい場所で見たらおてもやんみたいで彼に笑われたことがあります。」(24歳/エステ)

夜になると目元のメイクが崩れて目の下が黒くなりパンダのようになっている女性がたまにいます。
また、お店によって照明の使い方が異なるので、それによっても注意が必要な場合も。不自然にならないように意識して!

3.トイレや洗面所の汚れに注意

「お店のトイレがひとつしか無くて男女兼用のタイプだったんですが、行ってみたら既にちょっと汚れていたんです。仕方なくそのまま使って彼の元に戻ったんですけど、彼が『俺も言ってくるから待ってて』と言い出したので『私が汚したと思われたらどうしよう!!』と困ったことがあります。
それ以来、男女兼用の場合は、元々汚れていたら使わず『先客がいた〜』と言って自分は使っていないことを伝えながら戻るようにしています!」(21歳/学生)

小さなお店では、時にトイレが男女兼用になっている場合があります。そんな場所で注意しておきたいのが、トイレや洗面所の汚れ。

あなたがトイレに行った後、彼が「俺も行ってくる」と行ってしまうと、あなたが汚した汚れでなくても「使い方汚いなぁ」と思われてしまう可能性があります。
洗面所に水が散っているようなことも多いので、自分が使った後は一度振り返って、彼が次に使っても大丈夫か確認しておいて!

4.トイレの滞在時間に注意

「彼と付き合い始めて間もない時、お酒を飲んでちょっと酔った頃にトイレに行ったんです。先に人がいたので少し待ってから用を足してメイクを直していたら、お店の人に『○○様、いらっしゃいますか?』と名前を呼ばれてびっくりしました。
私がなかなか戻ってこないから彼が心配になってお店の人に頼んで様子を見に来てもらったそうなんですけど、本当に恥ずかしかったです…」(25歳/PR)

あまりに長いと、彼に心配させてしまうことがあります。特に、出会って間もない頃にお酒をたくさん飲んだ後だと「もしかしてトイレで倒れてる?」と心配をかけさせてしまうことも。

そうでなくても、メイクを直したりと長居しがちなので、先客がいる時には一度「満員だったから少ししてからもう一回行くね」と言って戻るのも手です。

おわりに

トイレは一人になれる場所なのでいろんなことができますが、見えないからこそ勘違いが起こることもしばしば。安心してデート中のトイレを乗りきるためにも、最低限、これら4つのことは意識しておいて!

(栢原 陽子/ハウコレ)