2014.11.21

みんな、どうしてる?「彼が口の中に出したがる」問題


先日、ある女性(22歳/販売)から「彼が私の口の中に射精したがるんです。気持ちが悪くて、どうしても無理と言ったら、『きみは僕のことが本当に好きではないんだよ』って拗ねちゃって。機会があれば次はがんばってやってみようかなとは思うけど」という話を聞きました。

こういうことは無理することでもないし、したくないなら断ったほうがいいとは思うのですが、みんな、どうしているんでしょうか。

1.無理だから断る

「考えただけで気持ち悪くなる、絶対に無理」と言う女性はかなりいます。
「だいたい、精液なんて飲むものじゃないでしょう。口の中に出したいなんて、人をバカにしてる」と怒ったような口調になる人も。

確かに、口の中に出すべきものではありませんが、だからこそ、それをしてもらったときに「彼女のことがますます愛おしくなる」と感じる男性がいるのも現実です。
もちろん、したくないなら断るべき。我慢してやる必要はありません。

2.1度はチャレンジしてみる

自分から進んでやりたいわけじゃないけど、彼の頼みだし、1度くらいはチャレンジしてみ
てもいいかなと思っている女性もいます。

「最近つきあい始めた彼が、どうやらそういう願望をもっているみたい。はっきりとは言いませんが、頼まれたら1度はやってみようと思っています。気持ち悪かったら吐き出しちゃえばいいんだし(笑)」(23歳/アパレル)

このくらいに軽く考えておくのもいいかもしれません。

3. 彼が喜ぶことならする

経験者はどう思っているのでしょうか。

「私も最初はちょっとイヤだなあと思っていました。いきなりやられたら怒ったと思うけど、彼の場合は前もって『お願いがあるんだ。今度、きみが生理のときに……』とちゃんとお願いされたので、じゃあ、いいよ、と。さすがに飲み込めなかったし、すぐに彼がティッシュを差し出してくれたんです。『早く吐き出して』と。
その気遣いがうれしかったですね。彼自身も『ヘンなことさせてごめん。でもうれしかった』と言ってくれて。そのことで少しふたりの仲が近くなったような気がします」(24歳/団体)

彼の気遣いが感じられるというのはうれしいものです。こういったことを通して、信頼関係が築かれていく場合もあるのかもしれません。

4.彼に病気がないことが大前提

精液は飲み込んでも無害だと言われていますが、だからといって、そもそも口の中に入れたり飲んだりするものではありません。
彼がもしウィルス性の性感染症などにかかっている場合、移る可能性もありますし、彼が「飲んでほしい」と言ったら、病気をもってないことを証明してもらうべきです。

それが正論ではあるのですが、彼のことが好きで、そう言われたらつい「いいよ」と言ってしまうのも人情。ただ、病気になる可能性もなくはない、という覚悟は必要です。

ちなみに顔に精液をかけられ、それが目に入って結膜炎になったという例もあります。セックスするということは、いろいろなリスクを伴うことにつながります。彼への愛情、信頼などと切り離せません。

おわりに

軽い気持ちで飲んでしまう人もいれば、どうしても無理だと思う人もいます。それは個人の選択と決断なのでしょう。無害だとは言われていますが、精液を飲み込んでお腹が痛くなったという実例もあるようです。もともと、「飲み物」ではありませんから、それを踏まえた上でどうするか、ということになるのだと思います。

(亀山早苗/ハウコレ)

関連記事