2014.11.23

男子がめんどくさくて逃げたくなる「女子からの相談」4タイプ


女子は話し好きなので、結論がでなくてもぺちゃくちゃ話すことを嫌がりません。だから女子会では恋愛関係や友達関係など、いろいろな話題での相談が飛び交います。
でも男子も同様に話し好きかというと・・・それは微妙なところ。
話す相談内容によっては「めんどくさい女だな」と悪い印象を持たれるきっかけになることもあります。

そこで今回は、男子がめんどくさくて逃げたくなる女子からの相談のタイプをご紹介します。

1.何度聞いても進展しない相談

「彼氏欲しいよー・・・って話を何回も聞かされると反応に困る。こっちも同じ返ししかできないし。会いたいっていうから新しい話題でもあるのかと思って期待してるのに毎回進展なし。マジ飽きる。」(26歳/営業)

わざわざ時間を割いているのに、同じ話しを何回もされるのは、男女共通して辛いものです。ただ単に会いたいだけで連絡をしたくなる気持ちはわかります。でも、相手にその気がない限り迷惑行為になりかねません。
自分の会いたい欲が暴走していないか落ち着いて考えてみましょう。

2.かわいそうな自分に浸りたい相談

「ヒモの彼氏持ちの女友達から相談されるたびに別れろって言ってるんだけど、『でも、共依存なのかも』とか言って、なんだかんだ別れないんだよね。そうやって彼氏に貢いじゃうワタシ・・・的な自己愛に浸るのは一人でやってほしい。」(30歳/IT)

ダメな彼氏から頼られて離してもらえない私・・・。周りの無理解と戦い彼を一心に守る私・・・。
ポエムでも紡ぐかい?という自己愛の泥沼にはまっている人がたまにいますが、その話しを聞かされる周囲の人は、せっかくのアドバイスも聞き入れてもらえない上に、結局惚気を聞かされ、さらに人の彼氏を悪く言う嫌な奴役を引き受けるというトリプル災難に見舞われてしまいます。
自分のブログとかに書いた方が、周囲の人の精神的安定につながるようです。

3.悪口を吐き出すための相談

「会社の同期とか上司の悪口に付き合わさたときは辟易したね。だって知らない人だもん。」(27歳/人材)

他人の悪口を話している人は、あまりいい顔をしていないものです。愚痴を吐き出したい時は、信頼できる女友達などを相手にしておくのが無難。
同情してもらうはずが、逆に自分の悪評を買うことになってしまいます!

4.アドバイスの効果のない相談

「今の仕事やめたいのーって相談をされてから新しい仕事を何度か紹介してあげたのに、1年経っても前の仕事をやめない子がいる。そのくせ仕事の愚痴は言うんだよね。俺の努力の意味は?」(25歳/美容師)

せっかく相手のためにしてあげたアドバイスの効果が全くない…。相手のためを思ってしてあげた努力が報われない…。さして悩んではいないことを大げさに相談すると、うまく噛み合わずお互い不幸な気持ちになることも。
ただ延々と同情をして慰めて欲しいという真意は、残念ながら伝わりづらいようです。

おわりに

結論が欲しいんじゃない!黙って聞いて励まして欲しいだけなの・・・!
そんな心の叫びが隠れた相談も、男子にとっては「意味のわからん相談を何回もしてくるなーめんどくさっ」と片付けられてしまっているのかもしれません。
女心を性格に受け取ってもらえることを期待するより、わかってくれる友達を相談相手に据え置くことをおすすめします。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事