2014.11.21

今がベストシーズン!「レーザー脱毛」の心得


腕、脚、脇、背中、顔……気になるムダ毛と産毛。レーザー脱毛をするなら今がベストシーズンってご存知ですか? 水着や肌見せファッションに合わせて、夏に脱毛する人がいますが、紫外線が強い時期は深刻な肌ダメージを招くことがあるので要注意! 
紫外線量と毛の生える周期を考慮した秋冬から始めると、夏にスベスベの肌を目指すことが出来ます。まずは正しい知識と体験方法をしっかりマスターしておきましょう。

施術前の心得

電車の中や雑誌で、レーザー脱毛が低価格で体験出来るとか、痛みが少ないという広告を見ると、思わず体験したくなるのが女心。体験前の心得として次のことを覚えておきましょう。クリニックもしくはサロンを決めたら、予約の電話もしくはカウンセリングの時にメモを取ることをお勧めします。

●レーザー脱毛のメリットとデメリット。
●施術の基本回数、費用について。
●レーザーを当てると、肌と毛にどんな影響が出るのか。
●施術を受けた後のケアの仕方。
他にも、けがをして傷がある、妊娠の可能性がある、服用している薬があるなど、事前に自身の体の状態を伝えることも重要です。

毛の生える周期は、部位で異なる

頭髪には「成長期(毛髪が伸びる。約5~6年成長を続ける)、退行期(毛髪が成長をやめる。期間は約2~3週間)、休止期(抜ける準備をする。期間は約2~3ヶ月)」という成長のプロセスがあるように、体毛にもサイクルがあり、部位や性別、季節によってそのスピードは異なります。

●脇  :頭髪よりも成長スピードがやや遅い。
●腕・脚:休止期が長く、毛の伸びるスピードが遅い。冬より夏の方が速く伸びる。

一般的にレーザー脱毛の施術は3~5回を基本に、体毛の状態によって追加されることがあります。一回の施術で全身脱毛を体験した場合、身体の部位や季節によって毛の生える速度が異なるので、濃薄の差が出ることは仕方のないことですが、クリニックやサロンによって、毛の濃さや薄さに合わせてレーザーの出力を調整することもあるので、一回の体験で判断するのは禁物です。

約半年かけて経過を見ることが大事

私の体験ですが、脇の脱毛は左右で約10分弱(消毒などを含む)で終了。バチッ、バチッと10か所ぐらいレーザーを当てますが、私の場合、思いのほか熱くて痛いと感じました。看護士さんが保冷剤で冷やすとすぐに回復します。
施術直後は毛穴が黒い点だらけになりますが、これはカサブタです。自分で無理やり取らないように注意されました。皮膚が内側から押し上げられるとカサブタが自然に取れますが、完全にまっさらなツルツルの状態になるまでには一ヶ月かかります。
その頃、二回目の施術に行き、カサブタ→ツルツル、さらに一ヶ月後に三回目の施術、という具合に、皮膚の状態と毛の太さや成長を見ながら脱毛を繰り返します。
カサブタが取れるとスベスベになるので、そこで脱毛を辞めてしまう人がいますが、特に年齢が若いと毛が成長して伸びてくるので、特別なことがない限りカウンセリング時に提案された回数を受けるようにしましょう。こちらでは脇の話をしましたが、他の部位も同様。特にすね毛や背中の毛は量も多く、女性でも濃い場合があるので、施術時間と経過も異なることがあります。

保湿を忘れずに

レーザーは大げさに言えば毛を焦がすような衝撃なので、皮膚にダメージを与えることがあります。特に、施術後は肌が乾燥することがあるので、入浴後は低刺激タイプの化粧水、もしくは乳液を脱毛した部位にやさしくなじませましょう。せっかく毛がなくなってもお肌がカサカサだったら台無しですから。湯船に入れる入浴剤も、例えばオレンジ、ベルガモット、カミツレのような肌に刺激のある香料が含まれていたら使用を中止しましょう。

さいごに

今月は皮膚科やサロン探しに専念して、12月あたりからレーザー脱毛に通うと、来春以降、自慢したくなるスベスベ滑らかボディ肌を叶えることが出来そうです♪

(米村亜希子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事