2014.11.24

20代男子に聞く!「ぜひ付き合いたい」と思う女性のタイプ・4選


最近の20代男性は草食化の一途をたどっていて、女性との交際に奥手、あまり興味が無いという話ですが、それは本当なのか?と、疑問に思った筆者は20代男性に“こんな女性とならぜひ付き合いたい”と思うタイプについて聞いてきました。すると驚くべき回答が!さっそく見ていきましょう。

1. チープデートでもオッケーな子

「いつもお金があるわけじゃないから、給料日前や仕事の付き合いで出費が重なっているときなんかに、チープデートでも喜んでくれる女性だとうれしい。そりゃ、できればいつも豪華なデートプランを計画したいと思っているけど、どうしても難しいときがある。
そんなときに“~に行きたい”とかワガママ言われちゃうと、自分の稼ぎの悪さを責められている気がしちゃうから辛い。その辺をしっかり理解してくれる女性であれば、ぜひ付き合いたいと思う」(25歳/アパレル企画)

お金がないときにワガママを言われたら、それは男性としては辛いでしょう。
男性は基本的にプライドの生き物です。だからこそ、相手のお財布の状況が厳しいときは、自宅でDVD鑑賞したり、ご飯を作るなどして、チープデートを楽しみましょう。豪華なデートもいいですが、チープデートも案外楽しいものですよ。

2. 家庭的なところがある子

「外でバリバリ働いていてもいいけど、家庭的なところがまったくないと、付き合いづらい。週5日間は、外で働いているから、週末は特に疲れている。そんなとき、仕事の話をマシンガントークされたら、さらにグッタリしちゃうよ。
“もう会いたくない”と思っちゃうかも。週末は俺の家に来て、ご飯を作ってくれたり、励ましてくれる家庭的なところがある女性と付き合いたい」(28歳/営業)

働く女性もそうですが、男性も週末は疲れていて、癒されたいと思っているもの。そこで仕事の話ばかりをしていたら、彼は心から寛げないでしょう。
まるで仕事中のような気分になってしまうことも。振り向かせたい彼がいるのなら、あなたの家庭的な一面を見せると効果的でしょう。

3.焦らせない子

「20代後半ともなると、結婚を視野に入れて交際する女性が多いと思う。でも、焦らされるのは嫌。満足な収入も得てないし、まだやりたいこともあるのに、会うたびに“結婚、結婚”と言われるとゲンナリする。
以前、そんな婚活女子みたいな子と付き合っていて、とても疲れたし、10歳くらい老けた気がする。自分のペースを尊重してくれて、焦らさない子がいいな。そういう子となら、付き合いたいし、自然と結婚したいとも思えるようになるんじゃないかな」(27歳/経営者)

女性にとっての20代と男性にとっての20代というのは、結婚に対するモチベーションが大きく違うのかもしれません。

相手にもよると思うのですが、この彼のように経営者をしている場合は、ある程度、会社が軌道に乗ってから結婚したいと思っているはず。
男性を焦らせても良いことはありません。彼との“今の関係”を楽しむことが、将来につながる糧になると言えますよ。

4.いつも笑顔な子

「笑っている女性はいいよね。一緒にいると幸せな気分になれる。前に美人だけど、いつもポーカーフェイスな女性と付き合っていて、相手の感情が読めなくて苦労した。どこに行っても、何を食べても楽しそうじゃないんだもん。
そういう女性はもう懲りごり。できれば、いつも笑顔で可愛らしい女性と付き合いたいよ。仕事で嫌なことがあったとしても、そんな女性と付き合っていれば、忘れられそうだし」
(25歳/経理)

男性にとって女性の笑顔ほど、うれしいものはないかもしれませんね。男性は女性の笑顔が見たくて、尽くしてくれるといっても過言ではないでしょう。辛いときまで無理をして笑顔でいる必要はありませんが、彼と一緒のときに笑顔を忘れないことは大事です。

おわりに

20代男性に限りませんが、お互いを尊重し合える女性こそ、男性が付き合いたいと思う女性なようですね。それができる女性であれば草食系の20代男性でも、アプローチしてくる可能性がグンと高まるでしょう。

(羽音/ハウコレ)

関連記事