2014.11.26

戦死覚悟で!?「イイ男狩り」で修羅場なCAの恋愛事情・5つ


みなさんの中にも、「働くとしたらCA(キャビンアテンダント)がいい!」みたいに考えている人もいるんじゃないでしょうか。
たしかにカッコいいし、なにより成功してる男性と結婚できて、うらやましいですよね。

でも、そんなの恋愛事情にはかなり黒い部分も多いんだそうですよ。
今回は、元・現役CAを5人お呼びして、暴露トークをしていただきました。社外秘な恋の裏事情をご覧ください!

1.名刺バラマキ合戦

「たとえば、サッカー選手の○○が乗るらしい、とか、芸能人の○○がいるって、みたいに噂が流れれば、すごいことになる。みんな先輩後輩関係無しに名刺を渡しに行く。みんなどれだけ結婚してこの仕事やめたいのよって感じ(笑)」(航空会社C/26才)

そういうすごい人が乗っているときとそうでないときでは、CAたちの目が全然違うそうです。お金持ちな有名人がいると、超ギラギラでみんな臨戦態勢なんだとか。怖い(笑)。

2.エコノミークラスはゴミと思え!

「やっぱり恋愛対象にするなら、ビジネス以上しかありえないんだよね。そうするとどうしても、ビジネス、ファーストのお客様優先になって、エコノミー向けのサービスは下がります(笑)。いくら芸能人級にカッコよくても、エコノミーはちょっとないかな」(航空会社J/27才)

いくらタイプでも、エコノミークラスの男性を逆ナンしようとしたりするのは、ほかのスッチーから馬鹿にされそうで怖いんだそうです。
イヤでも、「一流の男性」をゲットしなくてはいけなくなってしまうんですね。

3.フライトは副業。本業は……

「笑い話だけど、『CAにとっては本業は合コン!』みたいによく言いますよ。たしかに多いです。そっちのほうが忙しいくらいに。お相手は、総合商社の方が多いと思います」(航空会社A/30才)

合コンの相手で多いのは、海外転勤や出張の多い総合商社がダントツとのこと。たしかに商社マンとスッチーってお似合いですよね。

4.顔だけじゃモテない

「私たちは、顔だけじゃモテません。相手はグローバルエリートだったりするから語学力とか、礼儀とか、会話力とか、妻としてふさわしい優秀さがないと認めてもらえません」(航空会社N/29才)

顔がかわいいのは当たり前。むしろそこからどれだけ優れているか、みたいな世界なのだとか。
たしかに相手の男性も、かわいいだけの子ならいくらでも見てきているから目が肥えているんでしょうね。

5.付き合ってからも大変

「CAも恋愛すると普通の女子だから、せっかく付き合っても心配なんだよね。だって彼氏が飛行機乗るたび、ほかのCAに逆ナンパされたり、色目使われてると思うと憂鬱だよ」(航空会社V/26才)

実際、CAの離婚率はかなり高くて、結婚しても名札が変わったりしないんだそうです(会社が「どうせすぐ戻るだろ」ということで変えてくれない)。あとは、浮気率も相当だとか。

おわりに

どうでしたか?
はっきりいって、かなりシビアな印象です。想像以上かも(笑)。

けど、超一流の相手をゲットするためにはこれくらい必要なのかな、とも思いますよね。
もしも目指している人がいれば、覚悟して頑張りましょう!

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事