2010.10.26

猫もラクじゃないんだニャー!凝りをほぐす、猫マッサージのやり方

甘えん坊の猫ちゃんは、なでなでしてもらったり、ブラッシングしてもらうととても喜びますね。さらに【マッサージ】をしてあげると、血流を良くしたりするだけでなく、猫ちゃんの体にくまなく触れることで、しこり・痛みなど、体の異変にも気づきやすくなりますので、ぜひ日常的にやってあげましょう。


背骨の周辺

猫も、人間と同じ哺乳類ですので、やはり体の構造は似通ったところがあり、当然ツボもあります。凝る場所も、人間と似たようなものです。まず、体の中心にある背骨の際は、ツボの密集地ですので、そこを撫でほぐしてあげれば間違いありません。三本の指で、背骨をつまむようにして、揉んであげましょう。  

または、二本の指を曲げて、背骨をはさみ、軽くこすってあげます。

シッポの付け根から、首の付け根まで。 強さは猫ちゃんの様子を伺いながら調節します。

猫ちゃん達は、毎日せっせと毛づくろいをして首を動かすので、たいがい首が凝っています。両側から指ではさむようにして、軽く揉んであげましょう。首の付け根(=耳の後ろ)を、集中的に。
          

同様に、舌もさんざん使いますから、口や顎の周りもお疲れのはず。人間でいうところのフェイスラインの部分を揉みほぐしてあげましょう。
         

そして、猫ちゃんはヒゲの周辺がムズムズしがちですから、一緒にそこも、少し掻くように撫でほぐしてあげると非常に喜びますね。

やりすぎ注意!

人間だと、痛いくらいが気持ちいい=効いていると受けとめますが、猫にはそういった考えはありませんので、痛くないようにしてあげましょう。

べたべた触られるのがあまり好きでない猫ちゃんには、逆にストレスなってしまうので、無理やり押さえつけてやったりしないようにしましょう。ただ、そういった猫ちゃんも、もし体を悪くして病院にかかるという時のために、マッサージしながら、触られることに慣れさせておいてあげるといいかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。

いつも癒しを提供してくれているペットの猫ちゃんを、「ありがとう」の気持ちをこめてやさしくマッサージしてあげるといいかもしれません。

関連記事