2014.11.30

イライラさせてる!?男性が話す気をなくす女性のトーク・4つの特徴


気になる男性がいれば、お近づきになるためになにが必要でしょうか。バッチリ決めたメイク?女子力アピールのファッション?たしかに大事です。

が、しかし!見た目バッチリでも、やはり真剣にお付き合いするとなれば、男性も中身重視。男性に「この子話しててイヤだ…」と思われると、真剣なお付き合いは望めず…下手したら都合のいいおバカな女として扱われてしまうかも!?

というわけで、今回は男性に「頭悪そう…」と思われかねない要注意な特徴を4つ紹介します!

1.「だから男は…」

「自分の考えに固執している感じがしますよね。しかも『女性である私の方が優れている』ってニュアンスを感じるので、ムダにプライドが高い印象です。本当に賢い人は、自分が賢いなんてアピールをしません。」(30代/公務員)

男性って単純なところがありますし、女性から見ると「なんでそんなことにこだわるわけ?」って思うこと、多いですよね。

けれども、男性には男性の、その人にはその人のこだわりがあるものです。私達だって、ひとまとめに「だから女は…」なんて言われたらカチンと来ちゃいます。「私にはお見通しよ」ないい女オーラは控えましょう!

2.「うんうんうん」

「相槌だけ打つ子を見ると、きっと話してて面白くないだろうなって思うんです。頭を使ってないんだろうなって。そもそも、話を聞いてないんじゃないかな。言葉のキャッチボールができなければ、話にならないんですが」(30代/IT)

何言ってるのか分からない男性相手だと一生懸命相槌を打ってあげたくなりますもんね…とはいえ、相槌だけだと「こいつ話聞いてないな」と思う男性が居るのも事実。

話をちゃんと理解していることをアピールすれば相手に与える印象はかなり変わってくるので、「それって〇〇ってことなんだね」と、話の内容に触れつつ言葉にしてあげましょう。そうすれば「お、話の分かる女性じゃん」と思わせることが比較的カンタンにできますよ。

3.「わたしもそう思う!」

「同意ばかりしてる人って、周りに流されやすくて自分の意見もないんだなって思うね。協調性って意味ではいいけれど、周りに合わしてればいいわけじゃないでしょ。合わしてるだけだと、自分で決定する意思も判断力も養えない。」(20代/専門職)

男性は自分の意見を言い合うことが多いのに比べ、女性は協調性を重んじる傾向が強いため、このタイプの人は案外いるかも。

協調性も大事ではありますが、同調の姿勢だけでなく、個人的な意見も伝えた方がうまくいきそうですね。「ちゃんと自分の意見、持ってますよ?」とアピールして、こんなこと言わせないようにしちゃいましょう!

4.「あー・・・(笑)」

「こっちが話していても、質問しても愛想笑いと間を埋める言葉だけの女性がいるんですが…すごく、引き出しのない人だなって思うんです。
失言して失敗することを恐れてるのでしょうか?だとしたらそれも賢くない。失敗してこそ成長があるんですから」(20代/営業)

「話がつまらない」「答えたくない内容」などだからこそ生返事になるという場合も多々あるので、一概に「賢くない」なんて言われたら正直カチンと来ちゃいます。

とはいえ、そんなこと直接言うわけにもいかないので無難に切り抜ける方法としては、オウム返しです。「〇〇ってことですか」と言うだけでも、生返事よりもグッと会話している印象が強くなります。
さらに、聞き上手な印象になるので、好感度も上がるのでオススメですよ。

おわりに

随分と男性からの辛辣な意見が寄せられていますが、対等に会話できることが大事、ということでしょうか。ちゃんと聞いて、ちゃんと自分の意見を伝えられる、そういうスマートさが求められているのかもしれませんね。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事