2014.12.03

実は男子が「今年中に彼女とやっておきたい」と思っているエッチ・5パターン


今年もあと少しで終わります。今回は、何人かの彼女持ちの男子に「今年中に彼女とやっておきたいエッチ」についてお話をお聞きしてきました。
さっそくご紹介しましょう!

1.ねっとりとしたエッチ

「彼女と付き合って2ヶ月なんですが、エッチの時、ぼくはすごく緊張しちゃって淡白なエッチになってしまいます。今年中に、ラブラブカップルがやっているようなねっとりとした濃いエッチを彼女としておきたいです」(22歳/大学生)

付き合って間もないと、どうしてもお互いに軽く緊張して、淡白なエッチになりがちですが、そこを超えてゆくところに、カップルでのエッチの醍醐味があるように思います。

2.寝バック

「彼女がうつぶせで寝ている状態で、後ろから挿入する、寝バックをどうしても成功させたいです。あれ、どうしてもうまく入らないんですよね。うまく入らないと彼女ががっかりしてしまうので……」(24歳/IT)

女性によっては、入ってくる角度や当たる場所などがドンピシャで超気持ちいいと言われている寝バック。今年中に攻略しておくと、来年も彼女とラブラブでいられそうです。

3.正常位で脚を絡めあうエッチ

「正常位の時、男女お互いの脚を絡めあうエッチをやっておきたいです。あれ、気持ち良すぎて、ぼくがすぐにイってしまうので、彼女によく怒られます」(25歳/飲食)

一般的には彼がすぐにイクというのは、慣れの問題でもあります。何回も繰り返しやっているうちに、彼は「それなりに」我慢強くなったりしますので、カップルであきらめずにトライしてみる!ということでいいように思います。

4.彼女が「もっとイキたい」というエッチ

「彼女がもっとイキたい!と喜んでくれるようなエッチをしたいです。彼女がエッチでよろこんでくれたら、ぼくはすごく幸せな気持ちになれます」(27歳/広告)

一般的に男子のほうがエッチに誘うことが多いようですから、彼女にももっと気持ちよくなってほしい、楽しんでほしいというふうに思うのかもしれませんね。

こういう男子の思いは、残り少ない今年中にクリアしておきたい目標として、ふさわしいですよね。彼女が気持ちよくないと、ぼくもうれしくない。なかなか正しいご意見ではないでしょうか。

5.彼女がにゃんにゃんしてくるエッチ

「彼女がぼくに甘えてくるようなエッチをやってみたいです。どうしてもお互いに恥ずかしがってしまって、イチャイチャしながらのエッチができないんですよね。今年中にどうにかしたいです」(26歳/飲食)

エッチは一番密着する瞬間でもありますから、こういう時こそおもいっきり甘えて、イチャイチャしたほうが楽しいと思います。そういう恥ずかしさを超えるのがまた醍醐味ではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
今年中にエッチのテクニックを磨きたいというご意見より、今年中にもっと彼女とラブラブになりたい、というご意見のほうが多かったですね。

仲がいいことはいいことですから、カップルで、いかにしてもっとラブラブなエッチができるか、について考えてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事