2014.12.04

これぞ大人の朝活!?朝セックスがオススメな4つの理由


みなさんこんにちは。夜の性活相談員・小室友里です。夜の性活、潤ってますか~?

突然ですが皆さん、セックスはいつしますか?セックスは夜にするもの…と思っていませんか?

実は朝にする朝活ならぬ「朝セックス」がブームになっています。実は朝セックスには、いいことがたくさんあるんです。

そんな私も、夜セックスより朝セックスの方が好きなタイプ。今回は、朝セックスのメリットをご紹介!これを読んで、皆さんもぜひ「朝セックス」を試してみてくださいね!

1.時間的制限があるから、逆に集中出来る

あと30分で家を出なくちゃ間に合わない!そんな時は相手の気持ちよさより、お互いに自分の気持ちよさを優先させたくなります。

ですから自然と自分の体に感じる気持ちよさに集中出来るんです。短い時間でオーガズム達する人は少ないので、時間制限のある朝セックスはオーガズムよりも、パートナーとの心のつながりを確認するためのもの、と認識しましょう。

2.オキシトシンが多く分泌される

オーガズムに必要なホルモン・オキシトシンは、朝型生活にすればしっかりと分泌されるようになります。

さらに朝日を浴びる、20〜30分の散歩をする、呼吸法(1日5分程度の腹式呼吸)をするといったオキシトシン増強法はまさにセックスと同じです。
これは私の感覚ですが、オーガズムへのシグナルが体中に駆け巡っている時、呼吸は徐々に深くなり、自然と腹式呼吸になっているんです。

腹式呼吸なんてやったことない!という人でも、仰向けで寝転がれば自然と腹式呼吸になっていますよ。

3.部屋が明るいと男性の興奮度が高まる

男性は視覚でエロスを感じます。「電気、付けていい?」と訊ねられるのはそのせいです。
あなたの悶えている顔や、快感によじるカラダをもっと見たいのです。雨戸を閉め、遮光カーテンがかかっているような部屋でなければ、うっすら朝日が差してくる朝は、男性にとって格好のセックスタイムと言えます。

また、朝の光は肌をより一段と美しく照らしてくれます。どうぜカラダを見せてしまうなら、蛍光灯の下よりも、朝日の中が絶対にオススメですよ!

4.一晩一緒に過ごした余韻が味わえる

一晩過ごした翌朝にお互いのカラダを確かめ合うと、昨晩の出来事がウソではなかったと確信出来ます。「おはよう」とキスを交わしてもう一度お互いのカラダを求め合う。こんなにステキな朝はありません。

幸せを感じると分泌されるホルモン。それはオキシトシン。オーガズムに必要な幸せホルモンが分泌される朝にセックスしない手はありません。

一晩過ごしてようやく緊張も解けたことも手伝って、昨晩オーガズムに至らなかった人も、朝セックスならオーガズムに至るかもしれませんよ。時間があるならじっくり時間をかけたセックスを楽しんでくださいね。

おわりに

朝セックスはオーガズムよりも、パートナーとの心のつながりを確かめる気持ちを前面に押し出して。

どうしても肉体的不満が残ってしまうなら「続きは帰ってきてからしてね」とセックス中にオネダリしましょう。可愛らしく伝えれば、カレもあなたをますます愛おしく思ってくれますよ。

オーガズムは、パートナーとの心のつながりの先に、必ずあります。

(小室友里/ハウコレ)

関連記事