2014.12.08

お金の使い方でわかる!やめておいたほうがいい男性の特徴・4つ


お金は誰にとっても大切なものですよね。大切だからこそ、お金の使い方や考え方にはその人の価値観や性格が表れやすいんだそう。

そこで今日は男性に「こんなお金の使い方をしている男性はNG」という人の特徴についてインタビューしてきました。

1.人からお金を借りている

「給料日前になるといつも周りからお金を借りている同僚がいます。俺と同じくらいはもらっていると思うんですが、自分が稼いだ給料内でやりくりできないって問題ですよね。
お昼ごはんに行っても『ちょっと足りない!』と言って不足分を俺が払うこともしばしば。ちなみに一度も返ってきたことはないです。」(24歳/スポーツ)

自分が稼いだ収入の範囲内で生活する力がないことも問題ですが、それ以外にもちょっとしたお金が足りなくてよく借りるという人もNGだそう。確かに、お金だけにかかわらず自己管理ができていないのでは?と思ってしまいます。

ちなみに、「デキる男性」というのはいつ何が起きても良いように年齢×1000円ほどの金額は最低でも財布に入っている、とのことですよ。

2.交換条件を提示してくる男性

「同僚が男性から告白されて『すごいお金持ちらしくて、付き合ったらなんでも買ってくれるって言うの!』と言って舞い上がってました。俺は相手のことは知らないんですが、なんかそういう交換条件みたいなのって嘘くさいなと思って『やめておいた方が…』と言ったんですが、その子は結局付き合ったみたい。
後日聞いたら『結局いくら待っても何も買ってくれないし別れた』と言ってましたが遊ばれて終わったみたい。」(25歳/IT)

「○○してくれるなら○○してあげる」などと言ってくる男性は、相手の弱みにつけこんでいるような男性でありあまり性格が良いとは言えません・・・。
騙されて遊ばれてしまうことも多いので、要注意です!

3.貸したお金の詳細をしっかり覚えている男性

「サークルの先輩が後輩にお金を貸してあげていたみたいで『お前、○月に飲みで俺が払った○円早く持ってこいよ!』と言っているのを聞いて、返していない方もダメだと思うんですがきっちり覚えている先輩にもちょっと引きました。
しかも額が1000円以下だったので、『もう忘れてあげても良いのでは…』と思いました。」(21歳/学生)

「友達同士でのお金の貸し借りはやめた方が良い」と言われていますが、それでも友達が手持ちがなくて困っていると貸してあげることもありますよね。そんな時にきっちり覚えているのは、金融関係で働く男性か、細かい男性か、心が狭い男性かのどれかだそう。

「貸すくらいならあげるつもりで。戻って来たらラッキー」という心構えのある男性の方が男として甲斐性がある男性のよう。

4.恩着せがましい男性

「女友達が話してたんですが、彼氏と旅行に行った時に何かある度に『この旅費結構したんだよね』と言われて最後には別れて帰ってきたそう。たまに恩着せがましい人がいますが、そんな人に借りを作っちゃったら大変ですよね。女友達は別れて正解だったと思います。」(24歳/イベント)

「あの時こんなことしてあげたよね?」などと後から思い出して言ってくるような男性はNG。人からやってもらったことは忘れないけれど、自分がやってあげたことは忘れるくらいの心の広さがある人が、本当にできる男性だそう。

自分がやってあげたことをいつまでも覚えているような男性は辞めた方が良さそう。

おわりに

お金の考え方やお金に対する姿勢は、その人の本性が表れやすいのでよく見てみると彼の隠れた性格が見えてくるかもしれません。気になる男性がいる方は、付き合い始める前に何度かデートをして確認してみることをオススメします。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事