2014.12.10

むしろ地味が好印象!草食系男子ウケするファッション5つのポイント


大人しくて消極的な草食男子は、非常にナイーブな精神なので「この人はハードルが高くて、僕じゃ釣り合わないだろうな…」と勝手に凹みがち。

その凹みポイントは見た目、つまりファッションにも大きく影響します。草食系男子の心の距離を離さないためには、彼らにハードルの高さを感じさせないファッションも重要なのです。

そこで今回は、草食系男子が「この人いいなぁ…」と思わせるウケがよいファッションを紹介いたします!

1.シンプルな無地、落ち着いた柄

「派手な柄物には抵抗があるんです。そういう服を着る人って性格も派手な人が多いから、落ち着いたイメージの無地を好む人は合いそうだなって思うんです。柄物が全部ムリってわけじゃなくて、たとえば…ドット柄は好きですね」(20代/大学院生)

もちろん無地でも原色は苦手ですよ。淡い色を着ている人が好印象です。
あと、柄物でも派手ではなくてかわいらしい印象のものであれば好感度高いみたいです。

大人しい女子感が重要ですね。コートはベージュやネイビーなどシンプルで落ち着いたものがオススメです。

2.ナチュラル素材

「麻や綿の柔らかい雰囲気が好きなので、僕自身もよく着るんです。冬だとウールが多いですね。女性にもそういう自然で柔らかい素材の服を着てもらえると、一緒に並んだときに安心できるかな」(20代/デザイナー)

ふんわりしてナチュラルな雰囲気を感じられるのポイントなので、手触りのよいアイテムは全般よさそうですね。冬のインナーや帽子にニットアイテムをもってくるのは正解です。

光沢のあるファッションは敬遠されるので、レザージャケットやエナメル系は止めておきましょう。

3.可憐な女性らしさ

「ふわっとしたスカートやカーディガンを合わせている女性らしい服装の人が好みです。ただ、あまり女性の魅力を前面に押し出している人は苦手なので…短すぎるスカートや、胸元の開いた服は着てほしくないかもしれないです」(20代/SE)

草食系男子は女性らしさを大切にしますが、色気を出すと引かれるので、あくまで上品な女性らしさを意識するのが重要です。

短すぎないスカートに足が透け過ぎないタイツを合わせるなど、足元に色気が出すぎないよう注意しましょう!

4.値段控えめなチープアイテム

「ブランド物のカバンを持ってる人ってなんだか怖いんですよ。偏見なので申し訳ないんですが、プライドが高くて、けっこうワガママそうなので…
だからファストファッションを好む人は、どこか安心感を覚えるんです。僕もファスト系の服は好きでよく着るので、価値観も合いそうだなって」(10代/大学生)

ブランド物は威力が大きいようですね。多くの女性が肩から下げてる某ブランドのバッグなどもNG率かなり高いです。

草食系男子の身に付ける値段帯のアイテムを身にまとうのが無難ですね。
草食系男子でもそれなりに値の張るアイテムを身にまとう人はいますが、そういう場合でもブランド物が印象アップにはつながりにくいので、ロゴの目立つ物はやめておきましょう。

5.飾らない装飾

「大きくてキラキラしたアクセサリーを付けてる人は苦手…あまりアクセサリーは付けてほしくないかも。
ただ、マフラーを巻いている人は好きなので、落ち着いてるけどカワイイマフラーを巻いてる人が好感をもてます」(20代/クリエイティブ系)

大ぶりなピアスも苦手な人が少なくないようなので、ピアスも小さなものの方がいいですね。
あったかそうなマフラーは大好評なので、寒いときに首をグルングルンに巻いてカワイイ感じに仕上げると心を射止められるかもです!

ただしワンポイントになるような主張の強い柄や色は控えて、ファッション全体と調和のとれる落ち着いたものがオススメです。
顔に近いからマフラーは印象につながりやすいので重要ですよ!

おわりに

とにかく落ち着いている印象がなによりも重要です!そしてもう一つ重要なのが、女性らしい印象を出しながらも色気が出るような主張はしないこと。

草食系男子は可憐な女性像を理想とする傾向があるので、カワイイ感じを出しつつ清楚にまとめるのがいいでしょう。「寒いときって地味になりがちだから、ワンポイント目を惹くアイテムを!」となる方も少なくありませんが、草食系男子相手ならむしろ地味な方がウェルカムですよ!

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事