2014.12.11

モテ女子の必須条件!気配り上手になる方法・4つ


男性の好きな女性のタイプを調査すると「料理が上手な子」「優しい子」という項目が上位にきますが、他の人気項目の一つに「気配りが上手な女性」というのがあります。
どうすれば「気配りが上手な女性」な女性になることができるのでしょう?

そこで今日は、気配りが仕事で必要なCAの方々に「気配り上手になるために意識していること」についてインタビューしてきました。

1.気配り上手の真似をする

「CAになったばかりの頃は気配りと言っても、決められた仕事以外に何をすれば良いのかわからず立ち尽くしていたこともあります。
まずは先輩の真似をしようと決めて、先輩が何を見てどんなタイミングで声をかけているのかなど真似をするようにしました。」(25歳/国内線)

急に「気配り上手になりたい!」と思っても何から始めたら良いのかわからないですよね?
自分がやろうと思っても気がついたら他の人がやっていたり。そういう時は自分よりも気配りが上手な人を見つけて、その技を盗むのが一番。

盗んだ技は、その気配り上手がいないメンバーと出かけた時に実践してみて!

2.その場にいる人全員を対象に考える

「お客様が多くても一人一人をよく見て表情の変化や雰囲気に気づけるよう意識しています。
そのせいか、合コンに行っても、つまらなそうな人がいたらつい声をかけてしまうことがありますが、その姿を見て気に入ってくださる男性も多いです。」(25歳/国内線)

気配りとは「気を配ること」であり、一人の人に集中させることではありません。
普通の女性が、自分と仲が良い相手や気になる異性にだけ配慮をしているのに対して、気配り上手な人は、その場にいる人全員が心地よくいられるようにと考えているので、他の人が気づかない細かいところにまで気がつくことができます。

3.人に対して格付けしない

「飛行機の中では、ファーストクラスやビジネスクラス、エコノミーと席によって格付けされています。
でも、どこの席にお客様だからどう扱うということはなく、一人一人を大切なお客様として考えるようにしています。少しでも心の中で格付けしている気持ちがあったら、態度に出てしまうと思うので。」(27歳/国際線)

例えば、彼が友達にあなたを紹介してくれた時に、あなたが彼のことばかりを見て彼の友達に対して素っ気ない態度をとっていたら、彼の評判を下げてしまったり、あなた自身の彼からの印象も悪くなってしまいます。自分にとっての好き嫌いやメリットの有無で人を判断していては、気配り上手への道は通そう。

4.気を配っていることを周りに気づかせない

「ポイントはさりげなくだと思います。気を使っているのがバレバレのCAなんて嫌じゃないですか?お客様に『CAさんに気を使わせてしまって申し訳ない』なんて思わせたら最悪です。
それよりも、後で『あの人がいてくれて良かった』と思ってもらえるようなさりげない気配りを意識しています。」(27歳/国際線)

例えば、料理を小皿に取り分ける時に「やってあげる!」と言ってやる女性よりも、話をしている間に気づいたら取り分けられていた、というさりげなさがあってこその気配り上手。

「誰かが見てくれるから」「誰かによく思われたいからやる」というのではなく「相手に快適に過ごして欲しいから」「みんなが困らないためにやる」そんな気持ちを持っている女性がモテる気配り上手なようです。

おわりに

「気配り上手」と聞くとハードルが高い気がしますが、ちょっとした方法を知っておくことや、意識を変えることで気配り上手に近付くことができるようです。

「気配り上手」は恋愛だけでなく人生において役立つことが多いので、人が集まる場で「気配り力」を磨いてみてはどうでしょう。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事