2014.12.13

彼の心を掴むならココ!嬉しい気持ちを伝えるべき場面・4つ


付き合っているとケンカをしたりマンネリ化してきたりと、いつもいつも仲良くすることは難しいですよね。
でも、彼のためにもしっかりと喜ぶべき瞬間がありそこを押さえておくだけで関係を良好に保てるって知っていますか?

例えば彼が「彼女に喜んで欲しい」と思い頑張った行動に対して、思いの他彼女の反応が薄いと、彼の気持ちは萎えてしまい別れにつながることもあるよう。

そうならないために、ケンカ中でも、マンネリ化している時でも「この時だけは彼女に喜んで欲しい!」と思う場面について男性にインタビューしてきました。

1.彼が彼女のために何かした時

「彼女とケンカが多かった時に2人の記念日があったんです。財布をあげたんですけど彼女に『この色あんまり可愛くない…』と言われてしまい、明らかに気に入っていない様子だったので、その態度にむかついて余計にケンカになって別れたことがあります。
彼女に喜んで欲しいと思ってとった行動で喜んでもらえなかったらもう終わりですね。」(21歳/学生)

プレゼントをもらった時に例えそれが想像していたものと違ったとしても、男性が頑張ったのは女性の喜ぶ顔が見たいから。
それに対して喜びが薄いと、男性としてはショック以外の何ものでもありません。

2.一緒に美味しいものを食べている時

「俺の彼女は美味しい物を食べる時に本当に美味しそうに食べるんです。だからケンカしていても、一緒にごはんを食べに行ったら絶対仲直りできるし、彼女も機嫌を直してくれる。
食事はデートでも重要な部分だと思うので、食事する時に美味しそうに食べる子は一緒にいてこっちまで嬉しくなります。」(24歳/マスコミ)

食事はほぼ毎回のデートで欠かさないものだと思います。
毎回の食事で女性が喜ぶ顔を見られたら、男性もデートが楽しくなり彼女のためにより一生懸命にお店を選び、そして美味しいものを食べられるように仕事も頑張ろうと思えるようです。

3.彼に嬉しいことがあった時

「俺が仕事が忙しくて全然彼女と会えない日が続いていたんですが、昇進したことを彼女に報告したら『今まで頑張ってきたかいがあったね!』とすごく喜んでくれました。
その様子を見たら俺も嬉しくなって『俺、もっと頑張るから絶対一緒に幸せになろうな』とプロポーズみたいなことを言ってしまいました。」(26歳/サービス)

彼が仕事を頑張るのは、好きな女性に喜んでもらうためであることが多分にあります。
彼の出世や給料アップなど、彼に嬉しいことがあった時に一緒になって喜べる女性になれば「頑張ったかいがあった!」と思ってもらえるよう。

4.Hの後

「仕事で自分に自信を失っていて、彼女と会っても俺が元気がないことでケンカになることが多かったんです。そんな時にHして彼女に『なんか……全然気持ち良くなかった』と言われて、俺のすべてを否定された気がして余計に仲が悪化して別れたことがあります。
Hって仲良くするためのものだと思うので、ケンカしていてもせめてそこくらい喜んで欲しい。」(23歳/IT)

Hでの女性の満足度は、男性の自信を左右するほど影響力が大きいのでココは喜んだ顔を見せてあげたい最大のポイントです。

例え不満足だったとしても、彼に「自信をつけて頑張って欲しい」「頑張ってくれたと思う」と思えるようであれば、喜んだ顔を見せてはどうでしょう?

おわりに

いつもはケンカが多くマンネリ化してドキドキが足りない時でも、予想以上に男性は「女性に喜んでもらいたいから」という理由で行動しているようです。

人それぞれ表現の仕方は異なりますが、そのポイントをはずしてしまえばケンカのもとに、逆におもいっきり喜ぶことができれば、二人の仲はより一層深まります。嬉しい気持ちを表現するポイントを見落とさないようにしたいものですね。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事