2014.12.14

トラブルのもと!?彼といると時には気をつけたい「スマホの使い方」4つ


今や日常生活の中で欠かせない存在となっているスマホですが、その使い方次第で彼との仲を悪化させてしまうことも。

そこで今日は「一緒にいる時に彼女がスマホをいじっていて嫌な想いをした」という経験をお持ちの男性に気をつけるべき点を伺って来ました。何気なく使うものだからこそ、要注意ですよ!

1.スマホに夢中にならない

「彼女とドライブ中に行き先について彼女が調べてくれて最初はその情報を読んでくれていたんですが、しばらく黙っているなと思ったら全然関係ないページを見ながらネットサーフィンしていました。
俺は一生懸命運転しているのに『それって今することか?』と正直むかつきました。」(27歳/公務員)

特にやりがちなのが、会話をしている途中で気になって調べものをするところから始まり、ついいつものように他のこともチェックし始めてしまうこと。
また、友達から連絡が来た時に「これだけ返信してもイイ?」と聞いて始めたやりとりがいつまで経っても終わらず、彼をないがしろにしてしまうこと。

どうしても使う必要がある時は彼に断りを入れて、手短にささっと済ませましょう。

2.スマホを鳴らさない

「彼女とごはんを食べている時に、彼女のスマホがずっと鳴りっぱなしでした。『出れば?』と言っても、彼女は『友達からのメールだから気にしないで』と言ってそのまま放置。
でもその後もちょくちょく鳴っていて、鳴る度に気が散るのでどうせ出ないならマナーにしておいて欲しいと思いました。」(24歳/アパレル)

メールや電話に対応しないとしても、着信音が鳴っていると彼も気になります。
すぐに返さなければならない用事がない時にはマナーモードにしておく方が、彼としっかり向き合うことができます。

3.スマホの盗み見はしない、させない

「一緒にいる時に彼女のスマホにメールが来たんですが彼女が俺に隠すような素振りを一瞬見せたんです。だからちょっと気になって彼女がトイレに行った時に机の上に置きっぱなしだったので見てみたんです。
見た俺も悪いんですが、パスワードもかかってなくてすぐに見ることができて、浮気していたことがわかりました。パスワードをかけるとかトイレに持って行くとか、見られて困ることがあるなら隠して欲しいです。」(21歳/学生)

そこにやましいことがなくともトラブルになることは必須なので、「スマホの盗み見は厳禁」が基本。

ですが、やましいこと、勘違いされるようなことがあるのなら、「見られないようにすること」も大切です。
パスワードをかけたり、スマホを置く時は画面を下にして置いたりと、ちょっとした工夫でいらぬトラブルは防げます。

ただし、いつもはパスワードをかけていない人が急にパスワードをかけ始めた時には怪しまれてしまうので、そんな時は「会社でスマホにパスワードをかけることが決まりになった」などと彼を納得させる理由を考えてからにした方が良さそう。

4.ベッドの中まで持って行かない

「寝る直前までスマホをいじっていると睡眠の質が下がると聞いて俺はスマホを寝室に持って行かないんです。でも彼女が家に泊まりに来た時に寝室に携帯を持ち込んでいて、イイ雰囲気になった時に携帯の着信が鳴り出したんです。
それが3回くらい続いた時に、マナーモードにもしておかなかった彼女にムカついてケンカになったことがあります。」(26歳/飲食)

大事な時に着信音がなり出すと一気にムードを壊してしまいます。
他にも、スマホの明るい光はリラックスムードを遠ざけてしまうため、彼とイイ雰囲気になったとしても自分があまり乗り気にならないなんてことも起こりがち。寝る直前までスマホを触るのは辞めた方が良さそうです。

おわりに

そんなつもりはなくとも、使い方によってはトラブルのもとになりかねないスマホ。彼に退屈な想いや嫌な想いをさせないように、彼といる時にはスマホはないものとして考えるくらいが良さそうですね。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事