2014.12.14

LINEも送れないよー! 片想いから恋に発展させるための第一歩の踏み出す方法


片想いって、恋愛の醍醐味ですよね。けど、片想いをしてる本人はとてもつらいですよね(笑)。今回は、そんな悩める一人の女子から相談をいただきました。

「私は同じ授業を受けている一つ年上の先輩に片想いをしています。クラスは少人数なので会話もします。LINEは知ってますが、送ったことはありません。趣味が同じなので会話が気まずくなることはあまりないです。
けど、先輩に会えるのはそのクラスのときだけだし、もともと私は積極的にアプローチできるタイプじゃないのでうまくいきません。もっと仲良くなりたいです!」

大学の先輩って、頭良さそうだし優しいしとても魅力的に見えますよね、わかります!

でもなんだか敷居が高くて、接点も少ないしアプローチが難しいのも事実。
今回はそんなお悩みを解決するため「片想いから頑張って距離を縮める方法」について考えてきましょう。

「恋の恥はかき捨て」

まず最初のアドバイス。
「急いで!」です(笑)。

恋には時間がありません。一生片想いをしていることなんて無理。あなたの場合だったら授業が終わればもうほとんどチャンスはないでしょうし、どんな片想いにもタイムリミットはあるんです。

「旅の恥はかき捨て」という言葉があります。旅のときくらい恥ずかしさを捨てようって意味です。
恋にも同じことが言えるはずです。普段はおとなしめのあなたも、恋をしているんです。
しかも時間だっていつまでもあるわけじゃない、そう思ったら今の恋を「旅」だと思ってちょっとくらいはっちゃけたって自分のしたいようにするのが絶対大事。

とくに片想いは、自分から動かないと絶対になにも起きません。だってそれが「片想い」でしょ? 両想いとは違うんだから。
とにかくすぐに行動を!

友達の力も使って

とはいえ自分一人でアプローチするのはたしかに勇気がいります。そんなときは友達の力をガンガン借りましょう。

一緒に授業を受けているお友達はいませんか? その子に相談して、「一緒に3人で遊びに行くような流れにしてほしい」と頼んでみるのはどうでしょう。

これならあなたにとっても、相手の先輩にとってもハードルが低いでしょう。趣味が共通ということですが、もちろんそれ関連なら成功率は高いです。

先輩だからこそできるアプローチも

それに、大学の先輩ということならとっておきの方法もあります。
それは勉強を教えてもらうこと。これは私のなかでは先輩を落とす必勝テクですが(笑)、とにかくこれで断ってくる先輩はいません。だって勉強くらいで断る必要がないでしょ?

LINEを知ってるなら、すぐに「一緒に受けてる授業の課題で、わからないことがあるんです」と送ってください。かわいいスタンプもつけてね。

頑張ったらあとは任せていい

こういったアプローチをひととおりしたら、あとは片想いの相手に任せましょう。これくらいすればよほど鈍感でない限りこっちの気持ちに気づくし、あとは「男なんだからそっちの番!」ていうことです(笑)。

向こうから仕掛けてくれるなり、やんわり断るなり、煮るなり焼くなりしてくれるでしょう。それはもう、相手の気持ちに任せるしかありませんね。

とにかく相談者さまにできるのは、今すぐアプローチをすることです。やってみたら「案外できたな」って思うはず。
万が一今回うまくいかなくても、この経験値がきっと次の恋にもつながるはずですよ。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事