2014.12.14

まだかなぁ・・・!別れても、なかなか次の彼氏ができない女子の特徴・4つ


恋は切り替えが肝心。離婚したわけじゃないんだし、あんまり長くは凹まず、すぐに次の相手に行くべきです。
でも、自分はそのつもりでもなかなか次の恋が始まってくれないことってありますよね。好きな人ができなかったり、言い寄ってくれる男子がいなかったり。

でも、そういう女子には特徴があるんです。そこで今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「元カレから次カレまでの期間が長い女子の特徴」について聞いてみました。

1.「別れた」を公言してない

「まず考えられる原因は、きちんとまわりに『私たち、別れました』と言ってないこと。これって意外に大事。しばらくたってもいつまでも知らない男子も多いしね。
これを言うことで『さぁて男子諸君、好きなだけ私を落としに来たまえ!』って宣言になるから、絶対にしましょう」

プライドの高い人だったりは、なかなか自分が彼氏と別れたことを周りに言いづらかったりするのかもしれませんね。

でも、別れたのは紛れもない事実なんだし、隠しててもかえって損をしてしまうだけです。別れたらすぐに言う。これ大事です。

2.元カレに連絡してしまっている

「あとよくあるのは、別れても結局、『忘れられるまでたまに連絡していい?』と言いながら連絡を続けてしまうパターン。これではいつまでたっても切り替えられません。
それどころか、復縁したい気持ちが超出てますもん(笑)。そりゃ、次の恋も始まりませんよ」

そのとおりですね。元カレとだらだら連絡をとり続けても、傷口が開くだけでなんにもいいことはありません。
「無理かも」と思ったらアドレスを消す、LINEもブロック!

3.「元カレっぽい人」を探してしまう

「次に付き合う人を探すとなっても、また元カレっぽい人がいいなと思って、同じようなタイプの男子を見つけようとする人もダメ。
『元カレっぽい人』を探してる時点で、『元カレよりイイ人』は絶対現れません。だってコピーより本物のほうがいいでしょ? 必ず、全然違うタイプの人を探すべき」

これもやってしまいがちなミスかもしれませんね。
でもこれをやってしまっているうちは、結局元カレが一番に見えてしまいます。これでは次の恋には進めるはずありませんね。

4.一人で居たがってしまう

「落ち込んでいるから、人と会う気になれない……。そう思って飲みの誘いを断ってしまう気持ちはわかります。
けど、もったいない! 別れたあとの飲み会は、もちろんなぐさめの意味もあるけど、男子からしたらあなたを狙ってるということでもあるんです。
別れた直後が一番モテるから、ちょっと憂鬱でもこういうところには顔を出したほうがお得です」

寂しいときにはちょっとくらい無理をしてでも人と会ったほうがいいと言います。無理矢理でも笑えば気持ちも楽になるし、なによりナナミさんの言うように、ちゃんとそこでモテますから(笑)!

おわりに

どうでしたか?
恋の終わりは、次の恋の始まりでもあります。うだうだしてるとスタートダッシュに失敗して、次の恋もうまくいきません。

すぐに気持ちを切り替えて、次の恋を最高のものにできるように頑張っていきましょう!

(著者:遣水あかり/編集:ハウコレ編集部)

関連記事