2014.12.13

太りにくい時間に食べよう!「時間管理ダイエット」


皆さん、時間や費用をかけないとダイエットできないと思っていませんか?
でも、そんなことはありません。
コツを掴めば、時間や費用をかけなくても簡単にダイエットできます。
今日ご紹介する「時間管理ダイエット」もその一つです。

時間栄養学

食べる時間をコントロールするだけでダイエットできます。
要は太りにくい時間に食べ、太りやすい時間帯に食べなければ良いのです。

「時間栄養学」とは、すべての動植物が持つ「時計遺伝子」を意識した栄養学です。この「時計遺伝子」により、すべての動植物は昼夜を認識し、効率的な行動をとることができます。(健康まめ知識より)

つまり、同じ内容の食事を摂っても、食べる時間が異なるだけで太ったり痩せたりするのです。

時間栄養学のポイント1 食べる時間

体内には身体の活動リズムを正常に保つ働きをする「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質があります。ビーマルワンには脂肪を蓄積する作用があり、多く分泌する「時間」に食事をすると、太りやすくなります。
では、太りやすい時間帯とは具体的に何時頃なのでしょうか?

太りやすい時間帯と太りにくい時間帯

BMAL1が体内に存在する量は時間帯によって異なります。
昼は少なくなり、夜に増加する性質があります。
午後10時頃から急激に増加をし始め、午前2~4時頃に増加のピークを迎えます。
ですから、深夜に食事するとどんどん太るわけです。
飲み会の締めは「ラーメン」なんてもっての外ですね。
ビーマルワンの分泌がもっともすくない時間帯は11時から13時頃です。
つまり、ランチはガッツリ食べても大丈夫なのです。

朝食は食べるべき?

最近、「食事は1日1食で良い」、という説が流行しています。
飢餓状態をつくることで、サーチュイン遺伝子(アンチエイジング)が活性化して若返る!という説です。
専門家の間でも賛否両論ありますが、私は朝食食べる派。正しくは、朝食スムージー派です。

朝食を摂ることで、時計遺伝子にスイッチが入り、身体が活動モードに変わってくるのです。
できれば暖かい食べ物のほうが良いらしいのですが、朝、酵素やビタミンを摂りたいので、あえてスムージーにしています。
それと、ヨーグルトと代謝アップ効果の高いハーブティーを飲んでいます。

最後に

私のダイエット理論「スキマビクスダイエット」はすべてにおいて無理がありません。
時間栄養学にそって食事を摂り、スキマ時間エクササイズでさらに代謝をあげて痩せていきます。
何事も無理は禁物です。
ダイエットは修行ではないのですから・・。

(林田玲子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事