2014.12.14

宴会の多い季節こそおすすめ!「お味噌汁」で体をリセットする方法


宴会の多くなるこれからの季節、朝食やランチは軽めに済ませて、食べ過ぎをリセットしておきたいですよね。そんな時におすすめなのが「お味噌汁」です。お味噌汁は、野菜や海藻が手軽に摂れるだけでなく、お肌に潤いを与える効果や、食欲を抑える効果も期待できる優秀なビューティーフードなんですよ。

(1)+薬味で、朝の代謝をUP

朝食は、身体をお休みモードから代謝モードへ切り替える大切な儀式。体温が1℃上がると代謝が13%UPすると言われていますから、朝の体温をいかに早く上げるかが冬の代謝UPのポイント。
朝は、温かいお味噌汁を飲んで体温の上昇をサポートしましょう。生姜やネギなどの薬味は、交感神経を刺激して熱生産を高める効果がありますから、生姜やネギを入れたお味噌汁がおすすめ。

(2)+きな粉で、おやつ欲求を抑える!?

昆布や鰹節に含まれる旨み成分「グルタミン酸」には、脳の報酬系と呼ばれる部分を刺激して、食事への満足感を高めて余分な食欲を抑える効果があります。お味噌汁だけでもグルタミン酸は含まれるのですが、グルタミン酸が多いのが「きな粉」。お味噌汁にきな粉を加えることで、味もグッと良くなります。
「なんとなく食べたい…」というのは、脳がストレスを感じて起こることが多いそうですから、きな粉入り味噌汁で、お腹もココロも満足すれば、おやつ欲求が抑えられるかも!?

(3)食べ過ぎ飲み過ぎで疲れたお肌をケア

毎日お味噌汁を飲むことで、お肌に潤いを保つセラミドの合成に関わる酵素の発現を増やし活性化して、お肌の潤いやキメが整う効果があるそう。
また、お味噌汁の出汁となるカツオ出汁にも、抗酸化作用がありますから、飲み過ぎ食べ過ぎ、寝不足などで疲れたお肌のケアにもお味噌汁がおすすめ。

おわりに

お味噌汁なら、コンビニでも買えてお湯を注ぐだけで作れますね。生姜が入ったものや、具だくさんのものなど、色々な種類のお味噌汁が販売されていますから、お好みのお味噌汁を見つけて、宴会シーズンも、美肌・美ボディキープで乗り切りましょう!

(岩田 麻奈未/ハウコレ)

関連記事